“狂氣”のいろいろな読み方と例文
新字:狂気
読み方割合
きちがひ45.5%
きやうき36.4%
きちげえ4.5%
きゃうき4.5%
きようき4.5%
くるひ4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『ボズさん!』とはず涙聲んだ。狂氣眞似をするとふか。滿眼つるにかした。(畧)
都の友へ、B生より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
聞て狂氣の如くみしかども又詮方も非ざれば無念ながらも甲斐なき日をぞ送りける其長庵は心の内の悦び大方ならず種々と辯舌を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
本當によ、つきり狂氣のやうだものなあ」といふ驚異反覆された。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
はいでをられうか? 先祖やを玩具にはしはすまいか? 手傷だらけのチッバルトをみどろの墓衣から引出しゃせぬか? 狂氣り、えた親族取上
本船舵手狂氣くなつて、鍼路廻轉したが甲斐い。