“到”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いた91.0%
いたり2.8%
2.3%
1.1%
とど1.1%
いたる0.6%
0.6%
とう0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だが大事にらずむことはかだ、と金太郎は、度を増してゆく自轉車の上で、何の問題を解くときのやうに冷理した。
坂道 (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
し夜半頃新町橋に待受たり彌七は斯る事とはにも知ず其夜は大いにざんざめき翌朝夜明方に新町の茶屋を立出橋へ掛る處を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
『しかし、彼の先生は肺病だと言ふから、あるひは其病気の為に、彼処までつたものかも知れません。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
峠を越してほどまで来ると、すぐ下に叔母の村里が見えます、春さきは狭い谷々にがたなびいて画のようでございました、村里が見えるともういた気でそこの路傍の石で一休みしまして
女難 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
これがあん子にとつて兩親であるといふふかい考へにはかないで、どの往來の人達よりも親しいといふ漠然たる考へを持つただけであつた。
神のない子 (旧字旧仮名) / 室生犀星(著)
前掲の頭山、杉山両氏が、あまりにも有名なのに反して、両氏の親友で両氏以上の快人であった故奈良原翁があまりにも有名でないのは悲しい事実である。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
この時阿遲志貴高日子根の神まして、天若日子がを弔ひたまふ時に、天よりり到れる天若日子が父、またその妻みな哭きて
精神何事かならざらん」
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)