女難じょなん
今より四年前のことである、(とある男が話しだした)自分は何かの用事で銀座を歩いていると、ある四辻の隅に一人の男が尺八を吹いているのを見た。七八人の人がその前に立っているので、自分もふと足を止めて聴く人の仲間に加わった。 ころは春五月の末で、 …
作品に特徴的な語句
祖母おばア てら 性質しょうぶん にや びく 容貌かおだち 方法かた あく こう かしら とど ことわ 永久とこしえ はつ こす つた せい おど かつら おだ におい あた こが 理由いわれ 砂上すな のが 祖母ばば 卜者うらないしゃ のの 嗚咽むせ 性質うまれつき 小屋こいえ あや 語気ことば じゃ みぞ だま しん 〆切しめき やみ 明日あした なぐ 縁辺えんがわ 指端したん まず いと とこ おぼ 彼奴きゃつ 幸福しあわせ さき ちまた 容貌きりょう たえ うらな あざ 余光なごり 先方むこう 出際でぎわ なか 天気そら すか まろ 赤児あかんぼ 誰人たれ かせ かすみ 襦袢じゅばん 雑言ぞうごん 雑木ぞうき いしずえ すき すみ 間際まぎわ 筮竹ぜいちく すそ 竿さお かえ かど 稽古けいこ かぶ