“卜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぼく67.2%
うらな16.8%
うらない8.0%
うら2.4%
うらの1.6%
ウラ1.6%
0.8%
うらなひ0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此両国の訴訟未だ決定に至らざるを以て、に争端を起すに至る、平和に事を鎮する乎、両国の人民とも之をとする事能はず。
黒田清隆の方針 (新字新仮名) / 服部之総(著)
七月七日の酉の刻に地震有りて、富士の絶頂崩ること数百丈なり、卜部宿禰大亀を焼いてひ、陰陽博士占文を開いて見るに、国王位を
日本天変地異記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
秀継は、赤面したが、なお何とかして、利家を思い止まらせようと試みてか、わざと、上手をよんで、出陣の吉凶をわせた。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ここに天つ神の以ちて、太卜へて一二のりたまひしく、「の先立ち言ひしに因りてふさはず、また還りりて改め言へ」
問う、何を以てこれを知ると、曰く、さきに南山の虎嘯を聞きて知るのみと、に使至る〉。これは人が虎くを聞いて国事をうたのだ。
唯、紀戸ぞ、脇戸へて、出で行かす時、到り坐す地毎に、品遅部を定めき
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
黒ちりめん三つ紋の羽織、紋は今日日とおなじ七位だった。そのあとで、女でも一寸一卜位まで大きくなって、またあともどりしたのだ。
節づけけれど、人々の真面目に聴きいる様は、世の大方の人が、信ぜぬらも厄運にかゝはるをばいと心こめてきくにも似たり。
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
『アアさようかな、それは心配なことで、ごもっともごもっとも、よく私がて進ぜます』という調子でございました。
女難 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)