“厄運”の読み方と例文
読み方割合
やくうん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
名刺こそ飛んだ厄運に際会したものだと思うもなく、主人はこの野郎と吾輩のがみをんでえいとばかりに椽側きつけた。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
節づけけれど、人々の真面目に聴きいる様は、世の大方の人が、信ぜぬらも厄運にかゝはるをばいと心こめてきくにも似たり。
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
それがために後日できそこないの汽船をこしらえて恥をかくであろうことの厄運を免れた代わりに、将来下手な物理をこね回しては物笑いの種をまくべき運命がその時に確定してしまったわけである。
田丸先生の追憶 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)