古事記こじき02 校註 古事記02 こうちゅう こじき
臣安萬侶言さく、それ混元既に凝りしかども、氣象いまだ敦からざりしとき、名も無く爲も無く、誰かその形を知らむ。然ありて乾と坤と初めて分れて、參神造化の首と作り、陰と陽とここに開けて、二靈群品の祖となりた …
作品に特徴的な語句
出雲いづも もも 博多はかた 其處そこ まこと さか ぬか たちばな ひろ 筑波つくは 筑紫つくし みか 小豆あづき をか 海鼠 足掻あが ほこ 一本ひともと 尾張をはり 幾年いくとせ はた おき 常世とこよ もだ すみ 逆手さかて 熊野くまの 丹塗にぬり 佐渡さど 利鎌とかま 天降あまくだ たけ 御身おほみま かしは しび 不平やくさ くに 七日なぬか まつりごと 八重やへ 此處ここ ゐや 鶺鴒まなばしら 山谷たに むく 後手しりへで つど たけ つな 利目とめ たぐ 常磐ときは 所在ありか 難波なには 小高こだか くび 御影みかげ つて 新羅しらぎ 飛鳥あすか みこ うけ 旦夕あさよひ 百姓おほみたから 大根おほね かる 妻子めこ どの とこ 深淵ふかふち 以下しも 大島おほしま 夫子せこ 眞黒まぐろ にへ 足柄あしがら 長谷はつせ 御子みこ 御門みかど 吾家わぎへ みとも 山椒はじかみ をさ 宿禰すくね 浪速なみはや 郎女いらつめ あらは むしろ たらし 御飯みけ きささ
題名が同じ作品
古事記:05 語句索引 (その他)武田祐吉 (著)
古事記:01 凡例 (旧字新仮名)武田祐吉 (著)
古事記:04 解説 (旧字新仮名)武田祐吉 (著)
古事記:06 歌謡各句索引 (旧字旧仮名)武田祐吉 (著)