“前”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まえ29.1%
さき20.6%
ぜん14.5%
めえ14.3%
まへ11.9%
まい1.5%
すす1.0%
さきの0.8%
0.6%
0.6%
めい0.6%
サキ0.6%
あと0.5%
せん0.5%
すゝ0.5%
むこう0.3%
めへ0.3%
もと0.3%
アト0.2%
ひさし0.1%
ゼン0.1%
みまへ0.1%
ボーダー0.1%
あたり0.1%
きき0.1%
きそ0.1%
0.1%
さい0.1%
ささ0.1%
さっき0.1%
0.1%
なれ0.1%
まァえ0.1%
みちのくち0.1%
めや0.1%
めん0.1%
めー0.1%
もえ0.1%
セン0.1%
メエ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
言語や名称は時代によって意味が違って来る。「お」という言葉は昔は至尊の御前に称するもので、先方に対する最敬語であった。
六郎の馬がになって堂のまで往ったところで、馬が不意に物に狂ったように、身顫いしたために、六郎は馬から落ちてしまった。
頼朝の最後 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
五十年の日本人は「神」といふ言葉を聞いた時、大抵髪をみづらにひ、首のまはりに勾玉をかけた男女の姿を感じたものである。
文章と言葉と (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「もっとも、おにはそこまでは聴かせなかったよ、土壇場になって、聟の身代りになるのが嫌だなんて言い出されると困るからな」
るととする。のある鉛色生物のやうに、にそれがいてゐる。つてひたい。此手つたはしい。
お道どん、お前のだけれどもう思い切ってるんだからね、人のらねえ処だし、お前、対手はかよわいや。そこでもってからに
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
時として長距離をって後同じ道筋を跡へ戻る事数百ヤードにしてたちまち横の方へ高跳して静かにれ居ると犬知らず前へ行ってしまう。
其方塙江漢とやらいう老いぼれの無役者に加担いたして、畏れ多くも、黄門龍山公のご隠居所をいに来た犬であろう」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
まア寺男からおさんの子じゃア有るけれども眞達さんまでもえ事にりまして、それからおさん此の頃寺で賭博ますと
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
さん、有象無象が声を納めて、しんみりとしたろうじゃねえか。戦だね。泣くやら、はははははは、笑うやら、はははは。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そいでもおは金をめ込んどる話だで困らんが俺らは全く困るよ! 俺ァ繭が十両しとっても困っとったんだで
夏蚕時 (新字旧仮名) / 金田千鶴(著)
岡のが、庭にのり出て、まだ早い緑をひろげてゐる。山の小鳥が揃うて、何か啄んでゐるのは、小さな池の汀に咲き出した草の花があるのである。
死者の書 続編(草稿) (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
山「まア思い掛けない事で、お前さんは三年に池上の田甫へ出口の石橋の処の茶見世に出ておいでのお蘭さんとか云う娘さんだねえ」
そして病院へ入れたり、海辺へやったりして手を尽して来た、さんの病気の療治に骨の折れたことや、金のかかった事をもした。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
主人の朝井玄龍は、平次と喜三郎を別室に案内すると、折入つての膝をめるのでした。
山のの親戚の家に餅搗があって、其の手伝いに頼まれたので、小供を留守居にして置いて、朝早くから出かけることになった。
白い花赤い茎 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
兄貴が亡くなる、おがやつて来る。葬式を出す、御苦労招びから、礼廻りと、丁度今日で六日目だ。あゝ、明日は最早初七日だ。日数の早くつには魂消て了ふ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
ただ夢中です、身も世もあられぬ悲嘆さを堪え忍びながら如何にもしての通りにたいと、恥も外聞もかまわず、出来るだけのことをしたものです。
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
此寺の落慶供養のあつたのは、つい四五日であつた。まだあの日の喜ばしい騷ぎのみが、どこかにする樣に、麓の村びと等には、感じられて居る程である。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
彼は、母が呼んで呉れた俥の上で、鳥打帽子のを眉の下まで降し、毛皮に埋つた頬ツぺたの生温い感触に擽つたさを覚えながら、停車場へ走つた。
「悪」の同意語 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
少貳殿でなくて、弓削新發意の方であつてくれゝば、いつそ安心だがなあ。あれなら、事を起しさうな房主でもなし。起したくても、起せる身分でもないぢやまで——。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
「これの鏡は、もはらが御魂として、吾が御前をくがごと、きまつれ。次に思金の神は、を取り持ちて、まをしたまへ
)と、三部に分れる初期の沙翁舞台——。その様式を復興しようとして、彼は二十年前の大正初年に日本を出発した。
オフェリヤ殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
袖には、膝には蜥蜴見る地獄のに、五体はたちまち氷となって、慄然として身を退きましょう。が、もうその時は婦人の一念、大鉄槌で砕かれても、引寄せた手を離しましょうか。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
二足つかみの供振を、見返るおげて、憚樣やとばかりに、夕暮近野路相合傘人目なる横※れぬこそはしも
怪談女の輪 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
立出でゝ
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)
東京で彼岸ザクラといえば後とにもきにも上野公園のもののみが登場して、そこでその木を一概にそう思い詰めているのである。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
たるぞ、軍陣門出
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
というとへ立って駆け出したんで、がぞろぞろとついて行くと、鍍金の奴は一足おくれで、そのあとへ、こけ勘。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
種々なことが逆上って、咽喉の奥ではぶような気がするのをえながら、表面は陽気に面白可笑く、二人のいる前で、言った
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
鼻をもしい香りに、編笠をかかげて見返えりますと、僕の肩にかたげられたは、今ての園咲の白つつじが、白く涼しく匂っているのです。
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
が今立聞をしていたら、孝助の母親咽喉を突いて、おさん方の逃げた道を孝助にえたから、こゝへ追掛けて来るにえねえから、おさんは此の石橋の下へ抜身姿で隠れていて
わたしはでむすんでよ。
まざあ・ぐうす (新字新仮名) / 作者不詳(著)
かれ建内の宿禰の命、その太子まつりて、御禊せむとして、淡海また若狹の國を經歴りたまふ時に、高志角鹿に、假宮を造りてませまつりき。
アノ大鞆が何時出て行たか知ないか(小)何でもお様が出為てから半時も経たんべい
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
長「エヽ…お久がおに往ってるとえ」
文七元結 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
この時検挙されたユタの親玉は小禄のクンパタグワーのユタ、垣花蔵のユタ、トーのパアー/\、前東江のユタ、の四人でありましたが、首にチャー(枷?)というものをかけられ
ユタの歴史的研究 (新字新仮名) / 伊波普猷(著)
商「エーイ主人がね此方えようとすう、て此方けようとする時にがりまして、主人の頭との頭とかりました処が、石頭かった事、アハアてえや」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
少貳殿でなくて、弓削新發意の方であつてくれゝば、いつそ安心だがなあ。あれなら、事を起しさうな房主でもなし。起したくても、起せる身分でもないぢやまで——。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
が友達と一処になんて泊りがけで、ヨウ、旅になんか出かけても、いや、好く出かけさせるんだアなア! 阿母さんは、平気なのけえ? ……俺アの時分ぢや
秋晴れの日 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)