恋を恋する人こいをこいするひと
秋の初の空は一片の雲もなく晴て、佳い景色である。青年二人は日光の直射を松の大木の蔭によけて、山芝の上に寝転んで、一人は遠く相模灘を眺め、一人は読書している。場所は伊豆と相模の国境にある某温泉である。 渓流の音が遠く聞ゆるけれど、二人の耳には …
作品に特徴的な語句
全然まった もと ひとり あえ おもい 出会でっく よろ やめ 紛糾ごたごた 全然まったく 彼女あのおんな 女房かかあ かたず 詳細こまか 全然まる こたえ はやく 出発たち 如何どん ひど 情緒おもい 此方このほう 上流うえ 仲間あいだ 何家どっか 何時いつし 宿泊とまる ひとり 如何どう 如斯こん 暫時しばら 柔和やさし のび それ 同情おもいやり いいえ だい 家兄にい 必定きっと 思考おもい 悲嘆かなし おし 構造かまえ さん 浴場ゆどの いし 突然だしぬけ 談話はな すぎ なん 何物なんに 先方むこう 全然すっかり すべ 姉様ねえさん 容貌きりょう つい 左様そう 幸福しあわせ 彼様あんな おぼ 敵打かたきう はれ 暫時しばらく 最早もう しょう 此様こんな 浴室ゆどの しとや 渓流たにがわ 炎熱あつ 理会わか 甲乙ふたり 目映まば 真実ほんと しま 貴様あなた 遍歴へめぐ しゃく 雙眼そうがん 難事むずか 難有ありがと 青年わかもの 静粛しずか まる うち しま 何処どこ