“構造”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つくり30.3%
こうぞう21.2%
かまえ12.1%
こうざう9.1%
かうぞう6.1%
たてかた6.1%
かうざう3.0%
かゝり3.0%
こうさう3.0%
つくりざま3.0%
なりたち3.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はそれがって御殿構造にしっくりとてはまって、へんしいようにぜられました。
わが此現象だかつて大規模したことのないのは、此現象すに適當構造場所存在しないのにるものであらう。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
牢獄のような大きな構造の家がめしいを連ねて、どこの家でも広く取り囲んだ庭には欝蒼と茂った樹木の間に春は梅、桜、桃、が咲きって
山の手の子 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)
所謂草とは如何なる物か詳ならされと、丸木舟とは構造を異にする一種の舟、恐らくは木の皮抔にて造りたる舟、も存在せしなるべし。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
横穴でも格別らしい構造ではいが、とが形式なつてで、信仰するにつては、抱腹絶倒せざるをない。
是寺の広く複雑つた構造といつたら、何処奈何いふ人が泊つて居るか、其すらくは解らない程。平素は何の役にも立ちさうも無い、陰気な明間がいくつとなく有る。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
勿論外形れてもしいはないが、しく異樣えたのは、噸數一千にしては構造りに堅固らしいのと
と考へ夫々趣向をいたし、一々口分にして番号札け、ちやんとへ、何商法でもお好次第世辞があるといふに準備が出来た、で開店するといふのだが、うも家屋構造かしい
世辞屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
くとも日本建築古來地震考慮へ、材料構造工風らし、特殊耐震的樣式手法大成したと推測するくないやうである。
日本建築の発達と地震 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
此等みな羽なくその構造蝙蝠の翼に似たり、また彼此等を搏ち、三の風彼より起れり 四九—五一
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
この魔性の廣野正中にはいと大いなるいと深き一のありて口をひらけり、その構造をばわれその處にいたりていはむ 四—六
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)