“歴史”の読み方と例文
読み方割合
れきし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
よくごらん、紀元前二千二百年のことでないよ、紀元前二千二百年のころにみんなが考えていた地理歴史というものが書いてある。
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
矢張歴史名高御方だけのことがある。』りそう感心しながら、わるるままに岩屋奥深りました。
それで、百姓村でもずいぶんふるい歴史をもった村があり、つづいたかわからないような百姓家が、方々に残っているわけです。
あたまでっかち (新字新仮名) / 下村千秋(著)