銀河鉄道の夜ぎんがてつどうのよる
「ではみなさんは、そういうふうに川だと言われたり、乳の流れたあとだと言われたりしていた、このぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか」先生は、黒板につるした大きな黒い星座の図の、上から下へ白くけぶった銀河帯のようなところを指しながら、 …
作品に特徴的な語句
かたま ねっ ぎゃく てん なお とう 微笑わら がく りょう 御前みまえ っか つつし ライラ どう いきお おり 下流かりゅう いそ はや じゅく たが ゆび 車輪しゃりん つら 正面しょうめん たい めん ぬの 左側ひだりがわ がわ しゅう 河岸かわぎし さい 調しら こお とつ れつ はん 本当ほんとう じょう けっ がら つの へん むす 商売しょうばい 農業のうぎょう 嘆息たんそく よこ 四角しかく かる ぼっ へん おお はな だれ せつ 証明しょうめい あね やわ 立派りっぱ 手数てすう とびら つづ ちぢ おさ 悪口わるくち こま きゅう いそが べに 老人ろうじん 彗星ほうきぼし ゆか えが 腰掛こしか やみ
題名が同じ作品
銀河鉄道の夜 (新字新仮名)宮沢賢治 (著)
銀河鉄道の夜 (新字旧仮名)宮沢賢治 (著)
銀河鉄道の夜 (旧字旧仮名)宮沢賢治 (著)