銀河鉄道の夜ぎんがてつどうのよる
「ではみなさんは、そういうふうに川だと云われたり、乳の流れたあとだと云われたりしていたこのぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか。」先生は、黒板に吊した大きな黒い星座の図の、上から下へ白くけぶった銀河帯のようなところを指しながら、み …
作品に特徴的な語句
ぱし こご おっしゃ かす 微笑わら っか ほほ つつし いそ あかり 黄玉トパース こお とつ がら かま がわ 狂気きょうき りょう ほて あかり つが 盤面ダイアル うか こいし 突然とつぜん やわ ちぢ やみ 日覆ひおお こす 脂油しゆ 腰掛こしか ぬぐ おさ ほう かお 彗星ほうきぼし ゆか ぶくろ 見附みつ はな ゆる あま おく つる どり かたむ にわ 可愛かあい くさり とな がん あお 双子ふたご つゆ におい ぼっ とい 黄金きん 砂利じゃり 碍子がいし いの めぐ ふる 神々こうごう かど 種子たね かざ つづ 稲妻いなずま かせ はず 約束やくそく 駄目だめ かみ 粟粒あわつぶ つぶ はこ むらさき ほうき
題名が同じ作品
銀河鉄道の夜 (新字新仮名)宮沢賢治 (著)
銀河鉄道の夜 (新字旧仮名)宮沢賢治 (著)
銀河鉄道の夜 (旧字旧仮名)宮沢賢治 (著)