“粟粒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あわつぶ61.9%
あはつぶ19.0%
ぞくりゅう14.3%
ぞくりゆう4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
苦しく切ない稲妻がもぬけの私の身体の中を駆け廻り、ところ/″\皮膚を徹して無理な放電をするから痛い粟粒が立ちます。
(新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
母は風邪につたせゐか、それとも又下唇に出来た粟粒程の腫物のせゐか、気持が悪いと申したぎり、朝の御飯も頂きません。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
儂はこれを思うごとに苦悶懊悩の余り、数行血涙滾々たるを覚え、寒からざるに、粟粒を覚ゆる事数〻なり。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
妻智恵子が南品川ゼームス坂病院の十五号室で精神分裂症患者として粟粒性肺結核で死んでから旬日で満二年になる。
智恵子抄 (新字旧仮名) / 高村光太郎(著)