“粟粒芥顆”の読み方と例文
読み方割合
ぞくりゅうかいか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
胡桃んで、われを尽大千世界の王とも思わんとはハムレットの述懐と記憶する。粟粒芥顆のうちに蒼天もある、大地もある。一世師に問うて云う、分子でつまめるものですかと。
一夜 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)