一夜いちや
「美くしき多くの人の、美くしき多くの夢を……」と髯ある人が二たび三たび微吟して、あとは思案の体である。灯に写る床柱にもたれたる直き背の、この時少しく前にかがんで、両手に抱く膝頭に険しき山が出来る。佳句を得て佳句を続ぎ能わざるを恨みてか、黒く …
作品に特徴的な語句
たた かかって さき うち なお はじ うし かたわ 羊皮ようひ 上枝うわえだ こう ゆる あや じゅ 一世いっせい つら ひね へい なさ しっ かご くれない かた 湿気しけ かん 白金しろがね 春風しゅんぷう むか 文字もじ つか かく えん えが あた がら 気合けわい かか うち わざ うれい はね ごと のち きざ いとぐち さき 小刀ナイフ みな 一夜いちや ひき くだ おわ 青玉せいぎょく 雨点うてん 穿うが ひま 狼狽うろた 右左みぎひだ いぶ ひそ かみ 華表とりい あり 紫檀したん つぼみ 荼毘だび 茫々ぼうぼう 若冲じゃくちゅう まゆ 素性すじょう 眷属けんぞく 維摩ゆいま なが 臥床ふしど 膝頭ひざがしら 紈扇がんせん 篆煙てんえん ほそ はし 竹籠たけかご 端居はしい わたし 禅語ぜんご 肝心かんじん ゆる