“篆煙”の読み方と例文
読み方割合
てんえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「蓮の葉に蜘蛛りけり香をく」と吟じながら女一度に数弁んで香炉のになげ込む。「蠨蛸不揺篆煙遶竹梁」としてある男も、見ているままで払わんともせぬ。蜘蛛も動かぬ。
一夜 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)