“誦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
28.0%
19.0%
しょう13.5%
じゅ13.0%
とな4.5%
じゆ4.5%
そら3.5%
しよう2.0%
1.5%
くちずさ1.5%
そらん1.5%
カタ1.5%
クチズサ1.5%
ジユ1.5%
うた1.0%
ずん1.0%
かた0.5%
すさ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
阿闍梨は、白地の錦のをとった円座の上に座をしめながら、式部の眼のさめるのをるように、中音で静かに法華経をしはじめた。
道祖問答 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
張松は、胸を正し、膝へ手をおくと、童子が書物を声読するように、孟徳新書の初めから終りまで、一行一字もまちがいなくんだ。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
寺の僧侶が毎朝早起し粗衣粗食して寒暑の苦しみをもらざれば、その事は直ちに世の利害に関係せざるも、本人の精神は
日本男子論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
繰拡げたペイジを読入つたのが、態度経文するとは思へぬけれども、神々しく、めかしく、婀娜めいて見えたのである。
貴婦人 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
えたから虎う森の樹株に固着て人の頭を嫌いになれ、後脚に土重く附き前足に石重く附いて歩けぬようになれ、かく身を重くする呪を
さうして、時々声に出してする経文が、物のに譬へやうもなく、さやかに人の耳に響いた。聞く人自身の耳を疑ふばかりだつた。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
そういう時には、曾ての日と同じく、人語もれれば、複雑な思考にも堪え得るし、経書の章句をんずることも出来る。
山月記 (新字新仮名) / 中島敦(著)
と云へる有様の歴々と目前に現はれ、しかもの位置に立ちて、の言葉を口にし、をして辟易せしめぬ。
母となる (新字旧仮名) / 福田英子(著)
に名高い吝嗇家だつた作松は、仲々それに應じなかつたが、一月許り經つと、打つて變つた熱心な信者になつて、朝夕佛壇の前でげた修證義が
赤痢 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
だが彼の心は、瞬間明るくなって、先年三形王の御殿でのんだ即興が、その時よりも、今はっきりと内容を持って、心に浮んで来た。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
時々美奈子は顔をあげて、頭の中で楽譜をじてゐるらしく、正面を向く時、久保は、はつきりとその容貌を見ながら、沁々と呟いだ。
階段 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
姥は居ずまひを直して、嚴かな聲音で、り出した。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
だが彼の心は、瞬間明るくなつて、先年三形王の御殿でのんだ即興が、その時よりも、今はつきりと内容を持つて、心に浮んで來た。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
さうして、時々聲に出してする經のが、物のに譬へやうもなく、さやかに人の耳に響く。聞く人は皆、自身の耳を疑うた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
が、老人はうたいながら、わしももう、これをった詩人と同じように古くなったと思った。中国にも、もうこういう心境で生きて居られる時代はとっくに過ぎたのだ。
雲南守備兵 (新字新仮名) / 木村荘十(著)
に八才の龍女がその功力を以て成仏せしというなる、法華経の何の巻かを、じては抜き、誦じては抜くにあらざれば、得て抜くべからざるものをや。
黒壁 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
姥は居ずまいを直して、厳かな声音で、り出した。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
「昔……昔、浦島は、小児えし亀を見て、あわれと思い買い取りて、……」と、むともなく口にしたのは、別荘のあたりの夕間暮れに、村の小児等の唱うのを聞き覚えが
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)