“一誦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いっしょう75.0%
いちじゅ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その俳句を一誦してみると忽ち作者の露骨な思想にぶっつかってしまって、芸術品としての潤いは少しもなく、そのとげとげしい思想が感興をしてしまう。
俳句への道 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
 は筑摩祭の唯一の句として伝へられたる者、一誦するの価値ありといへども、その趣味は毫も時候の感と関係せず。むしろの句を読むの感あり。しかれどもこれ吾人が筑摩祭を知らざるの罪のみ。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
浄土宗は比較的呪願を行わぬ方なれども、ある地に狐落としの祈祷する寺がある。そのときは狐つき病者を仏前に座せしめ、『阿弥陀経』を一誦するそうだ。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)