迷信と宗教めいしんとしゅうきょう
わが国は今日なお迷信盛んにして、宗教もその雲におおわれ、精神界はこれがために暗黒なるありさまなれば、余は人文のため、国家のために、迷信と宗教との別を明らかにし、有害なる迷信を除きて、正しき信仰の下に宗教の光明を発揮せしむるの必要を感じ、一片 …
作品に特徴的な語句
とお いまし しゅつ ぜき 破壊はえ けず しょう 経過とお そう したが ことさ うけ 奇怪あや かざ 道理ことわり 濫觴おこり 中座ちゅうぎ しるす うし がえ へき はしため みい おか 生死しょうじ ひっ 和魂にきみたま たたり 禁厭きんよう さいわい 夕陽せきよう 人気じんき 夥多かた 空々くうくう えき 何国いずく いた 所由しょゆう 好味こうみ そうら こう 心性しんしょう 落首おちくび あざ 家居いえい せん れい 古狸こり 一誦いちじゅ 囈言たわごと 足下そっか 赤子せきし 赤口しゃっこう 大人たいじん 大厲たいれい 大蒜ガーリック いい 夭死ようし 妻籠つまごめ もう 寿命みいのち ふん 生仏せいぶつ 淡藍たんらん 瘧疾ぎゃくしつ 白狐しろぎつね すぐ 沙汰ざた まこと 樵夫しょうふ つくえ さね たく かき 日向ひゅうが 精気エーテル 怪力かいりょく いわ 已来このかた へい 薫習くんじゅう 座頭ざとう 彷徨ほうこう 彼此ひし 蓮池れんち 翡翠かわせみ 老爺ろうや かか 総髪そうがみ