“夥多”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あまた32.0%
おびただ30.7%
かた16.0%
おびたゞ9.3%
おびただし2.7%
おほぜい1.3%
みつしら1.3%
えら1.3%
おびたゞし1.3%
したたか1.3%
したゝか1.3%
しつかり1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
血だらけ、白粉だらけ、手足、顔だらけ。刺戟の強い色を競った、夥多の看板の中にも、そのくらい目を引いたのは無かったと思う。
革鞄の怪 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
神職 言語道断、ただでない、一方ならぬ、夥多しい怪異じゃ。したたかな邪気じゃ。何が、おのれ、何が、ほうほう……
多神教 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
彼等は数字の上に数字を重ね自殺、罪悪、飲酒、疾病等による死亡数は既婚者より未婚者の場合に於て遙かに夥多であるといふことを例証せんとしてゐる。
恋愛と道徳 (新字旧仮名) / エレン・ケイ(著)
折くべ居る時しも此方の納戸共覺しき所にて何者やらん夥多しく身悶えして苦しむ音の聞ゆるにぞ友次郎はし何事成んと耳を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
この月二十日の修善寺の、あの大師講の時ですがね、——お宅の虎渓橋正面の寺の石段の真中へ——夥多参詣だから、上下仕切がつきましょう。
半島一奇抄 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
見るより夥多和女の事といひ常から親しくなさるゝゆゑ彼所の事は御存じだらうが今日是々と結納を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
んなでよけりや、夥多やつておくんなせえ、まあだにもりやんすから」女房たかとつぽい馬鈴薯きなせて二處いた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
村の者が江戸の大尽だか知んねえけんど、えもんだ、田舎には沢山ねえ法事だっけッて、村のえもんや子供をばって餅いえたり、銭い撒えたりして、坊さまを夥多呼んで、した法事だって
て見るに絹布木綿夜具夥多積上てあり鴨居の上には枕の凡そ四十りも有んと思はれます/\不審住家なりと吉兵衞はみながらも押入より夜具取出して次の間へこそたりける
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
と南さんは戸棚の中から夥多り出して来て
ぐうたら道中記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
が手に塗付笈笠へ手の跡を幾許となくり付又餞別にひし襦袢風呂敷へも血を塗てたる衣服の所々を切裂これへも血を夥多塗付が見ても盜賊に切殺れたるへ扨犬の死骸
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「さうだつけかな、それでも唐箕てたなんだがなよ、今年夥多だが磨臼もどういふもんだかいんだよ」とおかして分疏するやうにいつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)