革鞄の怪かばんのかい
「そんな事があるものですか。」 「いや、まったくだから変なんです。馬鹿々々しい、何、詰らないと思う後から声がします。」 「声がします。」 「確かに聞えるんです。」 と云った。私たち二人は、その晩、長野の町の一大構の旅館の奥の、母屋から板廊下 …
作品に特徴的な語句
はした 斜向はすっかい 継母ままおや まじわ おろ ものい 嬰児こども 最上もっとも 目前めのさき かさね にげ とこ もゆ 執着しゅうぢゃく きき おおき めっかち 目瞬またたき のっ やわらか 発見みいだ 引払ひッぱら かさ 出迎でむかい かけ 聞取ききとり ことば 言語ものいい とどろき かない よそおい そら あが あらた 下車おり おもい 膝行しっこう ゆら ひるが まばら かさな 扮装なり せな けん 湿気しけ あぶ とか なまめ えみ 妻女かない そそ たしな はさま やっこ つち くれない すすき くび ふさ あたたか いそが かすか あわただ いろ 引緊ひきし まま けだ 結廻ゆいまわ 引挘ひんむし 手応てごたえ 投出ほうりだ かすか なんだ ぬぐ 温柔おんじゅう なが こぼ べに つたわ 艶麗あでやか かき はた わたくし おとがい 頭髪かみのけ うたがい しか 揉上もみあ あらわ 知己ちかづき まなこ 黄金きん しな 撒散まきち 中挿なかざし 乾燥はしゃ ちら 風采とりなり