“彩”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いろど64.3%
いろ13.5%
あや9.0%
いろどり6.6%
さい2.0%
1.2%
えど0.8%
0.8%
あやど0.4%
ゑど0.4%
(他:2)1.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“彩”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語3.4%
文学 > 日本文学 > 詩歌2.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)2.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
今は、照りかがやいていた天上も、落日の時と覚しく、山と、空との間をいろどるところのものは、金色こんじきであります。
大菩薩峠:27 鈴慕の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
落ちかけた夏の日が、熟して割れた柘榴ざくろ色の光線を、青々とした麥畑の上に流して、眞正面に二人の顏をいろどつた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
私はその灰色をいろどる一点として、向うの波打際なみうちぎわ蹲踞しゃがんでいる兄さんの姿を、白く認めました。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
いろいとむすんでけたのを沁々しみ/″\ゆかしくた、前刻さつきいま
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
単衣ひとえの上に羽織はおった華美はでなおめし羽織はおり陰鬱いんうつへやの中にあやをこしらえた。
藍瓶 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
ただただ大地を両断して、海と陸とに分かち、白波と漁船とが景色をあやなし、円大な空が上をおおうてるばかりである。
紅黄録 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
そうすると口では言えないいろいろ淫猥いんわいなことが平気にそれからそれへととっぴにいろどりをつけて想像される。
雪の夜 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
ようやくにして水面へ抜きあげ、手網にとって見た虹鱒、銀青色の横腹に紅殻べにがらを刷いたようないろどり、山の魚は美しい。
雪代山女魚 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
さつながるゝ七さいにじすゑ湖心こしんもつとふかところ
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
無数の紅い龍舌旗りゅうぜつきを帆ばしらにひるがえし、船楼せんろうは五さいに塗ってあった。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
数多い柱や、廊の立ち続く姿が、目赫メカガヤくばかり、朱でみあげられた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
數多い柱や、廊の立ち續く姿が、目赫メカヾヤくばかり、朱でみあげられた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
顔を赤くえどったドミノの道化役者や、七福神や六歌仙や、神主や坊主や赤ゲットや
腰衣のような幅広の前掛まえかけしたのが、泥絵具だらけ、青や、あかや、そのまま転がったら、楽書らくがき獅子ししになりそうで、牡丹ぼたんをこってりと刷毛はけえどる。
縷紅新草 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
数多い柱や、廊の立ち続く姿が、目赫めかがやくばかり、朱でみあげられた。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
数多い柱や廊の立ち続く姿が、目赫めかゝやくばかり朱でみあげられた。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
常陸ひたちの国の天羽槌雄神が作った倭文布しずりの帯だけが、ちらりと女神の腰に艶なる人界の色をあやどる。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
みんなをゑどつてく。
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
四 朱戸シュコ 門戸ハ紅門コウモンヲ以テイロドル。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
が、其も墨書きやの絵巻若しくは、屏風の構図であつた。