四十年前よんじゅうねんまえ――新文学の曙光――――しんぶんがくのしょこう――
亜米利加の排日案通過が反動団体のヤッキ運動となって、その傍杖が帝国ホテルのダンス場の剣舞隊闖入となった。ダンスに夢中になってる善男善女が刃引の鈍刀に脅かされて、ホテルのダンス場は一時暫らく閉鎖された。今では余熱が冷めてホテルのダンス場も何カ …
作品に特徴的な語句
尋常ひととおり ばア えど そそ かたわ 浸潤しみわた 侮蔑さげす ばなし 目指もくさ はず 若干そこばく 女王クイン 憧憬あこが たまり 痩身やせっぽち 邂逅であ 交換とりかわ とも 取毀とりこぼ うてな 大身おおみ 寛大おおめ ことごと 心得こころえ くす 潜門くぐり 相応ふさ 肥満ふとっちょ くさ 蘇生よみがえ 豈夫よも 通庸みちつね はるか せき 丁髷ちょんまげ 万更まんざら 乾枯ひから 事無ことな 人手ひとで 仔細しさい てい 余熱ほとぼり くるま 候文そうろうぶん 倫敦ロンドン しの 傍杖そばづえ 其処そこ 内鰐うちわに 刃引はびき なら 勿論もちろん 周章あわ 呪咀じゅそ のろ くわ むか 夜業よなべ 大旆たいはい 天晴あっぱれ めと 対手あいて もっと 尻目しりめ 崛起くっき 巴黎パリ ちまた 形気かたぎ 御念ごねん たちま 惴々ずいずい あきた 振乱ふりみだ 控制こうせい 提撕ていせい あやつ 操觚そうこ 故侯ここう 書初かきぞ つき なにがし 樟脳しょうのう 死慾しによく こと 殿様とのさま 気兼きがね 洶々きょうきょう 流行はや 清洲きよす かわ