“巷”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちまた92.1%
まち2.3%
ろじ1.8%
こうぢ1.8%
こう0.9%
こうじ0.9%
かう0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
忙しい世間は竹村君には用はない。何かなしに神田で覘いてみた眼鏡の中の大通りを思い浮べて、異郷のを歩くような思いがする。
まじょりか皿 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
おめえは、夜ひる眠ることもできずに、その男のまぼろしを抱いて、野良犬のように、江戸のをほっつきまわっていたのだろう。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
そこはの角になっていて、巷の方にも入口があるので、裏通路からその巷を入って来た者は、その巷の方の入口から入るのであった。
文妖伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
引かるゝまゝに、いぶせきを縫ひ行きて、遂にとある敗屋の前に出でしとき、僕は星根裏の小き窓にの影の微かなるを指ざしたり。
ある日の夕暮れなりしが、余は獣苑を漫歩して、ウンテル・デン・リンデンを過ぎ、わがモンビシュウ街の僑居に帰らんと、クロステルの古寺の前にぬ。
舞姫 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
余はかの燈火の海を渡り来て、この狭く薄暗きり、楼上の木欄したる敷布、襦袢などまだ取り入れぬ人家、頬髭長き猶太教徒の戸前みたる居酒屋、一つのはただちにに達し
舞姫 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
或る日の夕暮なりしが、余は獣苑を漫歩して、ウンテル、デン、リンデンを過ぎ、我がモンビシユウ街の僑居に帰らんと、クロステルの古寺の前に来ぬ。
舞姫 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)