巷説享保図絵こうせつきょうほうずえ
金剛寺坂「お高どの、茶が一服所望じゃ」 快活な声である。てきぱきした口調だ。が、若松屋惣七は、すこし眼が見えない。人の顔ぐらいはわかるが、こまかいものとくると、まるで盲目なのだ。その、見えない眼をみはって、彼はこう次の間のほうへ、歯切れのい …
作品に特徴的な語句
ほお れい ちれ もの 往来まち ふた みなり おや やつ つむ 女性おなご かか 小女こども 往来そと おんな しら 爽々そうそう もの ちゃん 舞台みせ 機会きっかけ 態度そぶり 糊口みすぎ 資金もときん つれ 洒落しゃら がしら 少女こども やす しも 下僕おとこしゅ じん 出初でばな 往来みち だに 女衆おなごしゅう 夫婦いっしょ 家蔵やぐら むけ 路上みち さす かた 着々べべ 此室こちら 真心ほんしん めえ ひと 外貌がいぽう 佩刀かたな 伽噺とぎはなし 親類つながり 無反むそ 事実ほんとう あと 家内なか 仇敵がたき 仇人きゅうじん ぎぬ やつこ ぶみ さお 往々まま 内儀ないぎ 彼女かれ がら おも はた 相方そうほう うっ 美男いろおとこ 関係かかりあい 掛人かかりびと 鑑識めきき 利益ため もと くう もり さだ 向家むけえ 業腹ごうはち よし 櫛比しっび うっ 寂然じゃくねん ちげ 稼業しょうばい 態度ものごし 自由まま