“事実”のいろいろな読み方と例文
旧字:事實
読み方割合
じじつ57.1%
こと8.9%
まったく5.4%
ほんとう5.4%
まこと5.4%
じゞつ3.6%
もの1.8%
リアリチー1.8%
ことがら1.8%
じゝつ1.8%
たね1.8%
ほんと1.8%
サム・ファクツ1.8%
ファクト1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その容疑のもとは、中内工学士場合ていて、金魚屋老人との貸借関係があり、裁判沙汰までしたという事実からである。
金魚は死んでいた (新字新仮名) / 大下宇陀児(著)
きっと、お祖母さまの口から、途方もない事実が出るだろう。こんな良い人の、お祖母さまが悪魔になれるもんか
方子と末起 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
しかしまあ何でございますね、前触勝つことばかりでそれが事実なんですから結構で、などもその話を聞きました当座は、もうもう貴方。
政談十二社 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
然し、悪戯が悪戯でなくなって、事実事実も恐しい事実になって行くのを見ては、さすがに私も震えました。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
... 思へばわれに意恨もなきに、無残なことをしてけり」ト、事実しやかに物語れば、聴水喜ぶことならず
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
一ツは好事家随筆に、物凄くもろしくされる。ずるに、随筆からつて講釈仕組んでずるのであらうとふが、いたむと、らしいがせられて事実こえる。
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
腹立紛れに贋物を取ッて骨灰微塵と打砕き、ホッと一息き敢えずまた穿鑿に取懸り、また贋物を掴ませられてまた事実にしてまた打砕き、打砕いてはまた掴み、掴んではまた打砕くと
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
絶対的にアイデアなるものを研究するは形而上学の唯心論なれども、そのアイデアを事実の上に加ふるものは文芸上の理想派なり。
内部生命論 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
『なむあみだぶ。』と口の中で繰返し乍ら奥様が出て行つた後、やゝしばらく丑松は古壁に倚凭つて居た。哀憐同情とは眼に見ない事実を深い『生』の絵のやうに活して見せる。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
講釈のと読較べると、按摩取立られたとより、此天狗化物らしいが、つて事実えるのが面白い。
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
其処へ往って敵をお討ちなさい、安田一角が他の者へ話しているのをで聴いて居たから事実を知ってるのでございます、お賤、と己が兄弟ということを知らないで畜生同様夫婦に成って
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
私は息がけなくなりました。夢なんだか、事実なんだか分りません。化物にしろ、何にしろです、娘の形をしているのですから、嬉しくって夢中でその手を取りました。
妖影 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)
余は理想家でも何でも無し、唯だ余りしく文学を事実に推しつけたがるが愛山君の癖なれば、一時の出来心にて一撃を試みたるのみ、考へて見ればつまらぬ喧嘩にあらずや。
人生の意義 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)