“ほんとう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
真実43.2%
本統8.6%
真個8.2%
奔騰6.5%
真正5.5%
真当3.8%
真箇3.4%
本当3.1%
眞實2.7%
本當2.1%
奔濤2.1%
眞個1.7%
本島1.4%
1.4%
眞箇1.0%
事実1.0%
奔逃0.7%
真統0.7%
翻倒0.7%
真成0.3%
真相0.3%
本頭0.3%
眞心0.3%
眞當0.3%
真物0.3%
翻蕩0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これからは私アもう、父様のおっしゃったことを真実にしないからようござんす。一体父様は私をそんなに可愛がって下さらないわ。
書記官 (新字新仮名) / 川上眉山(著)
そして果せる哉、本統に伊勢鰕のように真赤な顔になった。乃公は困ったと思うと、富田さんが突然乃公の手を捉えたのには喫驚した。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
一つは、その為だが、二つには、領民のために、三つには、武士道のために——っている天下の人心を醒まして、ここに、真個の武士あることを知らせるのだ
三人の相馬大作 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
欧米人の為替ブローカーの馬車の群団は、一層その速力にをあてて銀行間を馳け廻った。しかし、金塊の奔騰するに従って、海港には銀貨が充満し始めた。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
一つしたら、真正神様人間との中間ちてお取次ぎの役目をつとめるのが人霊仕事——。まあそれえてけば、大体しいかとじます。
無名の青年 ——それが嘘であろうが、真当であろうが、あなたの行く処へは僕も必ず行って見せます。教えて下さい。その世界へ行く道を。
ある日の蓮月尼 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
真箇に忘れたとは云わさないぞ、と、宙はまた伯父の心理状態を考えて見た。
倩娘 (新字新仮名) / 陳玄祐(著)
しかし、いくら考えてみても、さっきまでのことがであるかまたは本当であるか、どうもはっきりしませんでした。
強い賢い王様の話 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
齒を磨かない佐渡の人、湯屋で脊なかを爪で掻く佐渡の人、蒲團のかはりに藁の中にもぐつて寢る佐渡の人、それでも眞實に笑ふことの出來る佐渡の人。
佐渡が島を出て:02 (旧字旧仮名) / 江南文三(著)
本當身體はねばいけませぬぞえ、此前原田といふ勉強ものがけてもれても紙魚のやうで、びにもかなければ、寄席一つかうでもなしに
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
けれど、奔濤は、迫って来た。すでに防禦線の一角はくずれ、中国も時代の旋風の外ではあり得なくなったのである。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
自分は程なく人のすいた電車の來る事と別に驚きもせず、取殘された人達と猶も路傍に立つて居たが、いや今度こそは眞個に來る樣子はない。
新帰朝者日記 (旧字旧仮名) / 永井荷風(著)
今でもパラオ本島、殊にオギワルからガラルドへ掛けての島民で、ギラ・コシサンとの妻エビルの話を知らない者は無い。
南島譚:02 夫婦 (新字新仮名) / 中島敦(著)
「公主はの仙人でございます」
西湖主 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
目的が外れたといふ樣に、富江は急に眞面目な顏をして、『眞箇ですよ。』
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
そして、女房があるのだと打ち明けると、お駒ちゃんはなかなか信じなかったが、だんだん事実とわかって身をふるわせて泣き伏してしまった。お駒ちゃんはまじめに磯五のことを思っていたのだ。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
それはこれより北に奔逃して、越後ざかいに姿を隠している。
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「全く真統のことなんだ、嘘だと思っていてもよい。そのうちにできるようになるから。」
童子 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
ようやく、船底が洲を離れたと思うと、今度は昨夜以上の烈風が吹き出してきて、諸船はみな虚空に飛揺し、波は船楼を砕き人を翻倒し、何しろ物凄い夜となってきた。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
唯独りで身に叶うけの事を勤めて開国一偏、西洋文明の一張りでリキンで居る内に、政府の開国論が次第々々に真成のものになって来て、一切万事改進ならざるはなし
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
ソレでマア戦争帰りの血い奴もから静になって塾の治まりが付き、その中には真成大人しい学者風の少年も多く、至極勉強してます/\塾風を高尚にして、明治四年まで新銭座に居ました。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
「今やからあんたはんに言いますけど、真相はこうやのどす」といって、なおしく話して聞かせたところによると、こうであった。
霜凍る宵 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
じゃ、何もかも私のことが原因で屋形と捫着き起しているようなことをいって手紙をよこしていながら、それは皆なえ事で真相は三野村のことが原因だったのですな……どうも、そうでしょう。
霜凍る宵 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
このやうに抑制され、簡單にされて、私の話は、ます/\眞心らしく聽えるのだつた。私は、話しながら、テムプル先生が、十分に私を信じてゐると感じた。
「お上のお情けだよ。遠島にして置けば、萬一眞當の下手人が擧つたとき島から呼び戻せる」
その下の真物の髪毛は青い程黒く波打ったまま撫で付けにしてあったが、同時に鬘下で釣り上げられていた眉、眼、頬はふっくりと丸くなって、無邪気な、可愛らしい横顔に変ってしまった。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
そのいずれかの翻蕩の中に生きているようなものですから、せっかく、静かなお雪ちゃんの夢が、また夜中に破れったということは、ぜひもないことかもしれません。
大菩薩峠:30 畜生谷の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)