“しん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シン
語句割合
18.8%
11.1%
9.6%
9.0%
8.6%
5.0%
4.8%
寂然2.7%
2.7%
2.6%
1.9%
1.9%
1.9%
1.8%
1.7%
1.5%
1.5%
1.4%
森然1.3%
0.9%
0.8%
0.6%
0.5%
0.4%
0.3%
0.3%
寂寞0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
森閑0.2%
0.2%
眞實0.2%
粛然0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
寂寥0.1%
心臓0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
ヷ神0.1%
0.1%
0.1%
中子0.1%
中心0.1%
0.1%
0.1%
幽寂0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
森乎0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
深然0.1%
0.1%
無念0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
真個0.1%
真実0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
閑寂0.1%
闃寂0.1%
0.1%
陰森0.1%
静寂0.1%
静粛0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もの優しく肩が動くと、その蝋の火が、件の絵襖の穴をく……その火が、洋燈の中へ、𤏋と入って、一つになったようだった。
霰ふる (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
けれど、仕事はけっして、最後に、あののように、もなく、むだとなってしまうことは、ないであろうとじます。
汽船の中の父と子 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「おらあもういっそく(百)四五十もあげたぜ、そろそろひきあげて一杯やるとしようや、おらあもう躯のまで冷えきっちまった」
風流太平記 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
そこをると、自分のっている血をとおして、遠い大祖たちの神業と、国体のが、いつか明らかに、心に映じてくる。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
湯の谷もここは山の方への家で、奥庭が深いから、の騒しいのにもかかわらず、とした藪蔭に、細い、青い光物が見えたので。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
澄み、心和やかにして、一片の俗情さえも、断じて自分を遮りえないという、こういう境地に辿りつかないでは、うそだと思います。
表門の潜戸ばかりをけた家中は空屋敷のやうにとして居る。自分は日頃から腹案して居る歌劇脚本の第一頁に筆を下して見た。
新帰朝者日記 (旧字旧仮名) / 永井荷風(著)
寂然と更けた纐纈城、耳を澄ませば地下に当って、物の呻くような音がする。人間の血を無限にる、血絞り機械の音である。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
むかしの良臣は、匈奴の滅びざるうちは家を造らず、といいました。蜀外一歩出れば、まだ凶乱をく徒、諸州にみちている今です。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ともしらぬ一同は、その日も帰らぬ源三郎を案じながらも、門之丞のことなどあれこれと話しあって、その晩は早くについた。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
おこのがったのはずみが、ふとからったのであろう。したその途端に、七はいやという、おこのにたれていた。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
昭は一時、大いに威を振るい、大魏大将軍になり、また、王の九錫をうくるにいたって、ほとんど、帝位に迫るの勢威を示した。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
女仙外史一百回は、逸田叟呂熊文兆すところ、康熙四十年に意を起して、四十三年秋に至りて業をる。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
海蛇られたとは、だとつてりましたが、それがよく隱語使伊太利人で、書面ではじめてりましたよ。
思はゞお花殿に力を吾助を討取べしと其許心付れしならば其由悴に告て給るべし又此金子はながらお花殿へじ申度とて金二百兩の包を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
この言葉がをなしたのか、果然、その晩、季節はずれの暴風が一夜吹きつのった。そして眼の前の砂丘の上へ石の標柱を現出した。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
年忌の法会などならばその人を思ひ出すとか、今にに見ゆるとか、年月の立つのは早いものとか、彼人がでから外に友がないとか
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
「耳の形のふくよかなことは。これは水耳と申します。木耳にしなければなりますまい。六を失い財帛不足孤苦無援の木耳にね」
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
白く谷川がさらさらとている。その辺は一面に小石や、砂利で、森然として山に生い茂った木立が四境を深くしている。
捕われ人 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「『めらるればす』ということさえある。臣が君より上席に坐れば、とりもなおさず臣が君を辱めることになる」
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
怪談を話す時には、いつもランプのを暗くし、幽暗な怪談気分にした部屋の中で、夫人の前に端坐して耳をすました。
B それで其女はね。の一げるはあなたよりにはないとかとかつてね。是非このれなるえのつてさいとかとかいたものだ。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)
越後のごとく年毎幾丈の雪をき事かあらん。雪のし千する事、ておもひはかるべし。
武の長男のが王という家のっていた。ある日武は他出して林児を留守居にしてあった。そこの書斎の庭に植えてある菊の花が咲いていた。
田七郎 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
の文公は謀略を好んで正道によらなかった人であり、斉の桓公は正道によって謀略を用いなかった人である。」
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
子曰く、や、吾が道、一以て之を貫くと。曾子曰く、と。子ず。門人問いて曰く、何の謂ぞやと。曾子曰く、夫子の道は、忠恕のみと。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
と得意の一節寂寞とする。——酔えばくなる雪のに、月がさすように電燈の影が沈むや。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
性理字義』に曰く、『生死をもって論ずれば、生は気の、死は気の。死の上について論ずれば、すなわち魂のるは神となり、魄のるは鬼となる。 ...
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
……いま言ったように、のところにはっきりしないところがあって、殺されるまではわかっているが、どんな方法で殺られるかわからねえから防ぎがつかないのだ。
顎十郎捕物帳:14 蕃拉布 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
八年春三月、工部尚書厳震安南使するのにして、ち建文帝に雲南にう。旧臣錦衣にして、旧帝布衲なり。たゞ恐懼して落涙まらざるあるのみ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
、また、眼もとまらぬ一、すべて見事な肉体の演舞だった。史進は、声をらして、そのから臓腑を吐かんとするほどに身も疲れてしまった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この語はをなした。三島由紀夫は終戰とともに、非情な「殺人者」として登場したからである。もつともこの正體を世間が認識するまでには、相當の時日を必要とした。
が、神聖の地域として、教主の宮川覚明が、許さない限りは寄り付くことの出来ない、この岩山の洞窟の入り口——そこの辺りには人気がなくて、森閑として寂しかった。
生死卍巴 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それから追いおいに立身して、州の録事参軍となったが、風采も立派であり、談話も巧みであり、酒も飲み、も蹴る。それで職務にかけては廉直というのであるから申し分がない。
私は眞實から愛した。その心持には今日でも變りがない。
雪をんな (旧字旧仮名) / 葛西善蔵(著)
二人は連れだって中二階の前まで来たが、母屋では浪花節二切りめで、大夫の声がするばかり、みんな耳を澄ましていると見えて粛然としている。
郊外 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「震災後二年を隔てゝ夏秋の交に及び、先生時邪に犯され、發熱劇甚にして、良醫交〻し苦心治療を加ふれど効驗なく、年八十にして七月十八日溘然屬纊哀悼を至す」
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
と榮子は来ないけれど。』
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
今までは注射を以て左の腕の静脈から血を採って居たが、今回だけは、僕の左の橈骨動脈にガラス管をさしこみ、そのゴムでつないで、僕の動脈から
恋愛曲線 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
には越後の諸勝さんと思ひしが、越地に入しして穀価貴踊し人心ならず、ゆゑに越地をことに十が一なり。しかれども旅中に於て耳目にせし事をて此書に増修す。
出る、ともう、そこらでの声がする。寂寥とした森の下を、墓所に附いて、薄暮合いに蹴込真赤で、晃々輪が高く廻った、と思うと、早や坂だ。
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
活しながらに一枚〻〻皮を剥ぎ取れ、肉を剥ぎとれ、彼等が心臓を鞠として蹴よ、枳棘をもて脊をてよ、歎息の呼吸涙の水、動悸の血の音悲鳴の声、其等をすべて人間より取れ、残忍の外快楽なし
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
みりと、伝右衛門はいった。そして
べんがら炬燵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
仏が寺門屋下に鴿蛇猪を画いてを表せよと教え(『根本説一切有部毘奈耶』三四)、その他蛇を瞋恚の標識とせる事多きは、右の擬自殺の体を見たるがその主なる一因だろう
松太郎は、二十四といふこそ人並に喰つてはゐるが、生來の氣弱者、經驗のない一人旅に、今朝から七里餘の知らない路を辿つたので、心のまでも疲れ切つてゐた。
赤痢 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
ひたむきにけかりけり日の方や向日葵けつくしたる
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
致させしに胸先より小腹の邊りへ一二や立所に全快致しけり勇右衞門は持病ゆゑ寒暖に付てる時は急にまらぬ症なるに城富の鍼治にて早速快氣なりける故大いに喜び紙にて金二百疋を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
暫時、三人は無言になつた。天も地もとして、声が無かつた。急に是の星夜の寂寞を破つて、父の呼ぶ声が丑松の耳の底に響いたのである。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
丑松は唯単独になつた。急に本堂の内部として、種々の意味ありげな装飾が一層無言のなかに沈んだやうに見える。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
私はまた親睦会というから大方演じゅつ会のようなのもんかしらとおもったら、なアにやっぱりの好い寄席だネ。此度文さんも往ッて御覧な、木戸は五十銭だヨ
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
いてッたッて」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
吉兵衞不に思ひ御の如く幼少の時不※怪我を致せしが其が今にり在しを娘が人ると人々が申せしとて平常に苦勞致ししが此度斯樣の死を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
上へ返して押たる者と相見え爪印がに成て居るはコリヤ如何の譯なりやと云ければ九助はハツトばかりにて一言の返答もなく只落涙俯向て居たるにぞ理左衞門は迫込でコリヤ何ぢや御重役方よりの御不なるぞれ何心なく押たのか痛所にても有てに押たるやコリヤ何ぢや/\と立れど九助は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
荷車は二頭の牛にかせる物とつて居るらしいが、牛はヒンヅ教でシヷ神権化である所から絶対に使役しない。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
じゃございませんか。それからこいつが轆轤座切梁、ええと、こいつが甲板の、こいつがでこいつが床梁、それからこいつが笠木、結び、以上は横材でございます」
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
寒気は骨のまで突き通す
サガレンの浮浪者 (新字新仮名) / 広海大治(著)
家からお米も炭も取り寄せ、火鉢の炭火でいた行平中子のできた飯をんで食べた。自炊をふ階下の亭主の当てこすりの毒舌を耳に留めてからは、私はたいがい乾餅ばかり焼いて食べてゐた。
途上 (新字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
家内中の口を奢らせぬようにする……と言うのが前の御寮さんの心掛けで、さすが大家の御寮さんは違うたもの……これならば蔵元屋の身代は万劫末代、大磐石と中心から感心しておりました
太祖の詔、可なることはち可なり、人情には遠し、これより先に洪武十五年皇后の崩ずるや、王等皆国に在り、れども諸王りてに至り、礼をえて還れり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
それから三千往古へながら、くと、不平煩悶何等小感情ぶなく、太古なるなからんやとはれるに、らけきるのである。
して——(女神は、まったくきておいでなさる。幽寂とした時、ふと御堂の中で、チリンと、な音のするのは、が揺れるので、その時は髪をでつけなさるのだそうで。)
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ちゃんの所はどうおしだえ? お父さんは知らせた方がいとか云ってお出でだったけれど。」
お律と子等と (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
の太祖の言は、に是れ太祖が胸中の秘を発せるにて、くより意ありたればこそ、より二年ほどにして、洪武三年に、の九子を封じて
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
暴風がをわたる森の胸をひらき
太陽の子 (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
灰ばんだ土へしつかりと埋め込まれて森乎としながら、死んでゐるやうな穏かさをもつてゐるからである。庭を愛するひとびとよ、枝や葉を見ないで根元が土から三四寸離れたところを見たまへ。
冬の庭 (新字旧仮名) / 室生犀星(著)
なんざそんでも、どうにか出來んのか」
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
大成は姓の家から珊瑚という女をったが、大成の母のというのは、感情のねじれた冷酷な女で、珊瑚を虐待したけれども、珊瑚はすこしもまなかった。
珊瑚 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
長沮桀溺びて耕す。孔子之をぎり、子路をしてを問わしむ。長沮曰く、輿を執る者は誰と為すと。子路曰く、孔丘と為すと。曰く、是れ魯の孔丘かと。曰く、是なりと。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
第二十一子王とし、第二十二子王とし、第二十三子王とし、第二十四子王とし、第二十五子𣟗王としたり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
しばらく彼も我も無念になって竿先を見守ったが、魚のりはちょっと途断えた。
蘆声 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
皇后を除くため、張韜という廷臣と謀って、桐の木の人形に、魏帝の生年月日を書き、また何年何月地に埋むと、呪文を記して、わざと曹丕の眼にふれる所へ捨てた。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「猿はに属します。それで、かれらが勝手にそんな名を付けたので、もとからの地名ではございません」
この時も高が風邪なれど、東京、大阪、下の関と三度目のぶり返しなれば、存外熱も容易にはらず、おまけに手足にはピリンを生じたれば、女中などは少くとも梅毒患者位には思ひしなるべし。
病牀雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
ちょうど、子爵とそのとの間に挟まる、柱にれた横顔が婦人に見える西洋画家は、フイと立って、真暗な座敷の隅へ姿を消した。真個に寐入っていたのでは無かったらしい。
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
これはどうもならぬそのやうに茶利ばかり言はで少し真実の処を聞かしてくれ、いかに朝夕を嘘の中に送るからとてちつとは誠も交る良人はあつたか
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
兄のは、大斧をよくつかい、弟の方天戟の妙手として名がある。兄弟しめし合わせて、彼を挟み討ちに
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
王以下は、永楽に及んで藩に就きたるなれば、らくきて論ぜざるも、太祖の諸子をじて王となせるも多しというべく
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
の首をしげて嫣然片頬に含んだお勢の微笑にられて、文三は部屋へ這入り込み坐に着きながら
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
山は朝霧なお白けれど、秋の空はすでに蒼々と澄み渡りて、窓前一樹染むるがごとくなる桜のをあざやかにしぬ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
忠義堂の前には四ながれのがつるされ、堂上には三層の星辰台がみえ、三聖の神像をなかに、二十八宿、十二宮星官たちの像も二列にならんでまつられている。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
話柄が途切れてとすると、暑さが身に沁みて、かんかん日のあたる胴の間に、折り重なっていぎたなく寝そべった労働者の鼾が聞こえた。
かんかん虫 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
老先生が眼鏡を掛て、階下で牛肉を切つて居る間は、奧の二階は閑寂として居る。そこには先生の書籍が置並べてある。机の上には先生の置き忘れた金錢がある。
岸本は節子と一緒に石を敷きつめた墓地の一区域へと出た。そこまで行くと人足達の姿も高い墓石に隠れて、唯土でも掘り起すらしい音が闃寂とした空気にひびけて伝わって来ていた。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
と幸三郎は飲めない酒を飲んでグッスリ寝付きますと、温泉場も一時(午前)から三時までの間は一際と致します。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
それにもらず邸内が陰森として物寂しく、間ごとにされた燭台の灯も薄茫然と輪を描き、光の届かぬ隅々には眼も鼻もない妖怪が声を立てずに笑っていそうであり
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
相変らず静寂としている。
霜凍る宵 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
敷石のぱっとい、静粛としながらなように、三味線が、チラチラ水の上を流れて聞える、一軒大構の料理店の前を通って、三つ四つ軒燈籠の影に送られ、御神燈の灯に迎えられつつ
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
彼にいわれたとおり、大悟をふさいで、もう生きる気も捨て、死ぬ気もすて、颯々と夜を吹くかぜと小糠星の中に、骨のまで、冷たくなってしまったもののようであった。
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
善庵は次男をして片山氏をがしめたが、格は早世した。長男正準でて相田氏をしたので、善庵の跡は次女の壻横山氏いだ。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)