白南風しらはえ
白南風は送梅の風なり。白光にして雲霧昂騰し、時によりて些か小雨を雑ゆ。鬱すれども而も既に輝き、陰湿漸くに霽れて、愈〻に孟夏の青空を望む。その薫蒸するところ暑く、その蕩揺するところ、日に新にして流る。かの白栄と言ひ、白映と作すところのもの是也 …
作品に特徴的な語句
そば つま さきは なぎ そひ たわらは はや やと あり 容貌みめ ゑまひ きぬがさ こげ をぢ いつ ぶさ はふ さや あき 真正まただ 午後ごや じき にこ ゑま かほ 終夜ひとよ かう きほ たたな いね すが 眼前まなさき たを いて 一杯ひとつき やは 正面まと ゆき さや もろ はえ 木履サボオ かが うつ はふ 南瓜かんぼちや つぶ 市中いちなか しひた かへるで すゆ しめ 薄氷うすひ まだ 水禽みづどり をす 女子をみなご 清々さわさわ 牛車ぎうしや おら かざ をろが さや あけ しも かた いは 数多かずさは また 淡々あはあは 雌雄めを いかづち もえ をど かけ
題名が同じ作品
白南風 (旧字旧仮名)北原白秋 (著)