“日”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
63.2%
にち20.2%
5.0%
じつ3.2%
3.1%
1.9%
1.2%
0.4%
ひび0.3%
0.2%
ひる0.2%
んち0.1%
いつ0.1%
きのう0.1%
にっ0.1%
ひな0.1%
ひゞ0.1%
0.1%
0.1%
デイ0.1%
デー0.1%
ニチ0.1%
ヒノ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、大空からもれるけていましたが、いつまでもひとところに、いっしょにいられるではなかったのです。
花と人の話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
はじめの二、三は、そのして、べつにしくしたものもなかったが、また、悪口をいうようなものもありませんでした。
青いボタン (新字新仮名) / 小川未明(著)
誠に有難い事で、もホツといて、それから二の一汽車京都御随行をいたして木屋町吉富楼といふりました
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
その第一の午前十時から「爆弾漁業の弊害」という題下に、堂々三時間に亘った概論を終ると、満場、割るるが如き大喝采だ。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「ええ、でもねミサ子さん、自転車なんて、きょうは、買うに買えないでしょ。もしも買えるとしても、ふところが承知しない」
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
年から年中日がなああしてあの奥の間へ通ずる障子の隙間から、まるで何者かを期待するかの様に表の往還を眺め暮している事。
とむらい機関車 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
原形は「」となり、変形したものに、直日・禍津日・つくよみ・山つみ・つみなどのひ・みとなつて、かみに歩みよる筋路を作つた。
万葉集研究 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
この次に、「淡海路鳥籠の山なるいさや川此頃は恋ひつつもあらむ」(巻四・四八七)という歌があり、上半は序詞だが、やはり古調で佳い歌である。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
政治学、に進歩せざるべからず。国民全体に政治の思想なかるべからず。政談熱心せざるべからず。政事、常に語るべし。
学問の独立 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
てがさにれたやうでめて閑寂いては、ながら段々けつゝりつゝしてどつしりとからつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
彼等の墓に一つの影が立っていても叫んでいます——私はウスナの家である! と云って。
ウスナの家 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
たがそれでれぐつと身體にやつけつちやつたな、所爲だな十五つたな、そんだからぐにの八はずん/\けたな、らこんで體格はちつちえがかつたな
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
此頃にお邪魔させていただきますわ
黒手組 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
母様が御膳が進まんと云う事はきゝましたが全くですか、昨お見舞に出た時、お食は如何ですと申した処が、なに御飯は三べられて旨いと仰ゃったが、それでは嘘ですか
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
つけて歩いて毎日、プで三十円ずつとる商売なんだ。
烏賊乾してただくさき当別荒磯の照りよ今は急がむ
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
うでも々を義務ばかりにりて此處何處倘佯らん、一〻にかゝるども、女房られてらぬは良人さゝれんも口惜しく
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
すると、あるのこと、見慣れない旅人門口って、きました。そのときは、二人父親看病をしているのをながめて
木と鳥になった姉妹 (新字新仮名) / 小川未明(著)
あひ見ずて、ながくなりぬ。このごろはいかに好去哉 いぶかし。吾妹(万葉巻四)
漫然とダアビイと称するものの、ほんとのいわゆるダアビイはエプソムの二日目で、しかもダアビイ競馬というのは、この日の全六回のうち第三回、午後三時に行われるたった一回のにすぎない。
もしも最後の審判日が盛装であるということが確められさえしたならば、そこに集った者は誰も彼も永遠に正しいものとなれたことであろう。
ヤワラカナ ケムリノヤウナ ハルノ アメガ 二三 フリツヅキマシタ。アメガ ヤムト マヘヨリモ イツソウ アタタカナ ヒノ ヒカリガ ソソギマシタ。
ウマヤノ ソバノ ナタネ (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
さうして其後「御前奉仕
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)