“ひる”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒル
語句割合
46.6%
正午10.8%
9.9%
9.5%
5.5%
4.2%
午飯1.9%
昼飯1.7%
午餐0.9%
午食0.6%
白日0.6%
0.6%
0.6%
昼食0.5%
午時0.5%
午刻0.5%
午後0.5%
午餉0.4%
0.4%
白晝0.3%
白昼0.3%
日中0.2%
晝食0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
中食0.1%
日午0.1%
晝飯0.1%
晝餐0.1%
水蛭0.1%
退避0.1%
午前0.1%
午后0.1%
午昼0.1%
春昼0.1%
昼間0.1%
昼餉0.1%
昼餐0.1%
晝間0.1%
晝餉0.1%
比流0.1%
0.1%
0.1%
真昼0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そしてその日のちかく、ひづめの音やの気配、また号令の声もして、向ふはすつかり、この町を、囲んでしまつた模様であつた。
北守将軍と三人兄弟の医者 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
六月下旬の日射がもう正午に近い。山國の空は秋の如く澄んで、姫神山の右の肩に、綿の樣な白雲が一團、彫出された樣に浮んでゐる。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
すこしにはもう二人さんが前後して威勢よくってた。一人さんの袖子ているのをるとっていなかった。
伸び支度 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
並んで坐ると、それがちょうど膝になろうというんだから、んだ。どうやら気のせいか、むくむく動きそうに見えるじゃないか。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ここには明細にかきかねるが、とにかくヒルミ夫人は万吉郎の身体にのように吸いついて、容易に離れようともしなかったのである。
ヒルミ夫人の冷蔵鞄 (新字新仮名) / 海野十三丘丘十郎(著)
七日々々追善供養も心の及ぶだけはめしが何分男の手一ツでき者の養育當惑は漸く近所などし摺粉
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「なる程さう聞いてみると食べたやうだわい。うん、食べた/\、にお午飯は食べた。いや、飛んでもない事を言つて済まなかつたよ。」
お眼の不自由な惣七さまは、わたしがいないで、誰のお給仕でお昼飯を召し上がったろう?——佐吉かしら、国平かしら、それとも滝蔵——。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
午餐勘次つて、口中粗剛飯粒みながらつた與吉鼻緒んだ下駄をから/\ときずつて學校からつてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
正午といえば、あなた、午食はまだなんだろう? ……さて、なにを、ご馳走しようか。昨日帰ったばかりだから、なこともできまいけど……」
キャラコさん:06 ぬすびと (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
い恋の逢瀬に世を忘れて、唯もう慕い慕われて、酔いこがるるより外には何も御存じなく、何も御気の付かないような御様子。私は眼前白日の夢を見ました。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
お君はそう云うと、身体をがえして、上気した頬のまゝ、階段を跳ね降りて行った。
工場細胞 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
なぜかというと草薬のなるものの臭気がいっぱいなんですから、私は逃げて出る方角を考えながら
源氏物語:02 帚木 (新字新仮名) / 紫式部(著)
伴「旦那様、此の頃は貴方様うなさいました、ろく/\御膳りませんで、今日はお昼食もあがりませんな」
午時近くなつて、隣町の方から、『豆腐ア』といふ、低い、呑気な、永く尾を引張る呼声が聞えた。
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
午刻のほどより丸山にける稲垣の今に至りてなお帰らず、彼は一行の渡航費を持ちて行きたるなれば、その帰るまではわれら一歩に移すわず、に差し当りて佐賀に至り
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
なアに午後からだつていゝ、若し絵具が塗り切れなくつても、下書さへしてゆけば、あとは自家へ帰つてからでも出来るから……と、そんなことを呟きながら——。
清一の写生旅行 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
遅い午餉だったから、もう二時下り。亭主の出たあと、女房はの上で温茶を含んで、干ものの残りに皿をかぶせ、余った煮豆にをして、あと片附は晩飯と一所。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
先生は少しもまず、最後までそれを説伏するの意気込みは勇ましいもので、自分にしてからが、上様だとか、公方様だとかいう口の下から、現在自分が世話になっている大切の薬籠持に対しては
大菩薩峠:22 白骨の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
介抱せよと言置て尻引からげ馳行けりなきだに白晝さへ人通りなき相良の裏道殊に夜中なれば人里遠く麥搗歌宵鳴遙かに聞え前は名に大井川海道一の早瀬にて蛇籠
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
場合には矢張り一般の盗賊の如くに、べく白昼を避けて夜陰に忍び込み、鶏や米や魚や手当り次第にって行く。素捷いことは所謂の如くで、容易に影を捕捉することはぬ。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
が、母上は折悪しく下女が日中風邪の気味で弱つて居た事を知つて居られたので、可哀さうですからと自ら寝衣のまゝで、雨戸を繰つて、庭に出て
一月一日 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
ひとり晝食ましてなかつたのである。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
心得たる男なれば宅兵衞がひ持たる太刀を打落しむ處をけ打に目掛て討ければ宅兵衞はみて蹌踉を吾助は得たりと落たる刀を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それにもまぬ狼の群は大勢を頼んで後から後から唸声を上げて飛びかかる。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
之を日本に持つて來ますと天照大神の大日孁貴といふ「」といふのが「ふる」に當ります。光輝く意味を皆持つて居る。朝鮮では日を「ふる」と申します。光る意味であります。
近畿地方に於ける神社 (旧字旧仮名) / 内藤湖南(著)
に入つた信吾の心は、妙にんでゐた。彼は富江と別れて十幾町の帰路を、言ふべからざる不愉快な思ひに追はれて来た。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
組ませないで突くという策戦がよく成功して、大勢の命知らずをませていることも前の通りであります。
大菩薩峠:14 お銀様の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
がたりとして一ゆりれヽば、するりかヽるろざしの金簪を、令孃纎手けとめ途端夕風さつと其袂きあぐれば、がへる八つひらひらとれてありけり
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「もうお中食だから、久しぶりで御膳を食べて……」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「もうお中食だが、お前何をお上りだ」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
それに最後に聞えた、日午は——のところが、不思議にも倍音(ド・レミ・ファと最終のドを基音にした、一オクターヴ上の音階)
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
そして、三回目の繰り返しの時、幽暗には——の一節はほとんど聞えなかったが、次の、日午には——の一節に来ると、不思議な事には、同じ音色ながらも倍音が発せられた。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
湯はかつたが後はポカ/\した。晝飯には鷄を一羽ツブして貰つた。肉は獸のやうにかつた。骨は叩きやうが荒くて皆な齒を傷めた。しかし甘かつた。
伊豆の旅 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
二階の部屋の唐紙に書いてある漢詩を眺めながら晝飯を濟ました。こゝにはウマイ葱があつた。
伊豆の旅 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
つた枯葉いやうなのはでゝして干菜けた。自分等晝餐にも一釜でた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
おつぎは晝餐支度した。三食事らしながら戸口てそれからまつたうてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
一昨年の夏、小鱸釣に出でゝ、全くれ、例の如く、大鯰二つ買ひて帰りしが、山妻之を料理するに及び、其口中より、水蛭の付きし「ひよつとこ鈎」を発見せり。
釣好隠居の懺悔 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)
前夜近処より、糸女餌を取らせ、又小鱸鈎にを巻かせなどしたりしかば、常に無頓着なりしに似ず、今る物の出でしを怪み、之を予に示して、「水蛭にて釣らせらるゝにや」とれり。
釣好隠居の懺悔 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)
して見ると組々の長屋に住んでいる総勢一万人の顔はことごとく獰猛なんだろう。自分は全く退避んだ。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ですらこれだから、の坑夫は無論そう野卑じゃあるまいと思い込んでいた。だから、この悪口からに飛んで来た時には、こいつはと退避む前に、まずおやっと毒気を抜かれた。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
午前少しく前のほど、用人の死骸を発見したる者ありて、上を下へとかへせしが、主人は少しも騒ぐ色なく、「手討にしたり」とばかりにて、手続を経てこと果てぬ。
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
明日午后だ、明日の午后までだ』と、それから低い声で、怯えるように、『きっとここまでやって来る』とそれだけでございますが……それから急に主人は
死の快走船 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
春昼である。暖かい。雲雀がお喋舌りをつづけている。
首頂戴 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そして守人は、昼間は病気とか病後とかいい立てて引きこもっているのだ。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「とにかく、お昼餐でもやるか。」
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
何時晝間疲勞に二號鐘かぬ有耶無耶ちた。
捜神記』一流の物語がにも伝わっているのみならず、をオシラサマという方言は普通であり、それはまた蚕蛾蛹等を含めて、すべてを比流もしくは比々流と呼んでいた古語と
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
宗助るべく叔母んで、其日げてつた。晩食御米一所縁側て、白地浴衣べて、みながら、をした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
小野さんは少しくんで見えた。宗近君はすぐつける。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「ハイ、私は自分ので、ジョオコンダ(聖バーナード犬の名)の掃除をいたしておりました」とセレナ夫人はまずに答えてから
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)