“ひるめし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
午飯58.5%
昼飯20.1%
午餐8.8%
午食3.8%
晝飯2.5%
昼食1.9%
昼餐1.9%
晝食0.6%
午砲0.6%
午餉0.6%
晝餐0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丘の上の教員食堂に午飯を食べにゆくのだが、その銅像を眺める度毎に、在りし日の先生とは似てもつかぬ姿だと思はぬためしはない。
浜尾新先生 (新字旧仮名) / 辰野隆(著)
これを小中飯という漢字をあてる人もあるが、じっさいは昼飯またはヒルイイを、しゃれてチュウハンと言い出してから後の名である。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
リユウ・デ・ゼコルの通りへ出て大学前の伊太利亜料理で午餐を済ませた、地下電車に乗つてユウゴオの旧宅をプラス・デ・ヷスチル街にうた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
新坊が泣出しでもすると訳もなく腹立しくなる。幾度も/\室の中を片付けてるうちに、午食になつた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
父は火のやうにつて、絹篩にかけた程に柔らかない灰の上層から、ザラ/\した燒土の如き灰を取り棄てるのに、朝飯晝飯になるのをも忘れてゐた。
父の婚礼 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
不味そうに取揃えられた昼食えると、両手んでえながら室内める。そのに四る。五る、なおえながらいている。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
一人のが自分にはこういろいろに見えた。事務所の机の前、昼餐の上、の電車の中、下宿の火鉢の周囲、さまざまの所でさまざまに変って見えた。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
不味さうに取揃へられた晝食へると、兩手んでへながら室内める。其中に四る。五る、へながらいてゐる。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
正午にはけた玉菜牛肉汁と、とで食事をする。には晝食りのべるので。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
に至ってはこれといって書き立てるがものはない。午砲時に仲之通に汗牛充棟するサラリーマン面の一種で、馬鹿には見えぬ代り決して優雅にも見えぬせせっこましい人相。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
朝飯午餉とを一つに片付けたる兼吉が、浴衣脱捨てて引つ掛くる衣はにあめ入の明石唐繻子の丸帯うるささうにり、何処かけんのある顔のめて
そめちがへ (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
晝餐をば御子田のおさんといふ從姉(新山堂の伯母さんの二番目娘で、自分より三歳の姉である。)の家で濟ました。
葬列 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)