そめちがへそめちがえ
時節は五月雨のまだ思切悪く昨夕より小止なく降りて、欞子の下に四足踏伸ばしたる猫懶くして起たんともせず、夜更て酔はされし酒に、明近くからぐつすり眠り、朝飯と午餉とを一つに片付けたる兼吉が、浴衣脱捨てて引つ掛くる衣は紺にあめ入の明石、唐繻子の丸 …
作品に特徴的な語句
たわぶれ のみ くわ だんまり あけ このみ おっし けがら おこり じき しごき なお こしらえ づとめ わらい しずか 当初そのむかし 小止おやみ すき とおり どこ うえ こおり いで ちがい 午餉ひるめし 思切おもいきり 心持ここち 微暗ほのくら たのみ そうら あが そろい うそ こが 金釵きんかん ぶん ぬか すすめ せい おもい やわら のど なに もと うしろ こら はず まっ 小竹こたけ あつらえ より きま ゆっく ほだ 翌日あくるひ おい 暇乞いとまごい かみ 肉置ししおき 三谷さんや 行違ゆきちがい まこと 案内あない おれ 差向さしむかい 小花こはな ごう 露友ろゆう 降口おりぐち そろ さき 煙草タバコ 烟管キセル にわか 出抜だしぬけ 分疏いいわけ はるか 取成とりな つれ 可哀かあい じつ あび かよ おと にぎや