“暇乞”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いとまご57.0%
いとまごい30.1%
いとまごひ12.4%
いとまごえ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
再び東京を見うるの日は、どんなにこの都も変わっているだろう。そんなことを思いうかべながら、あちこちの暇乞いにも出歩いた。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
二十年の学校生活に暇乞をしてから以来、何かの機会に『老子』というものも一遍はいてみたいと思い立ったことは何度もあった。
変った話 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
用意雨具甲掛脚絆旅拵へもそこ/\に暇乞してへ立出菅笠さへも阿彌陀るはよりるゝ無常吹降桐油へ提灯の
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ちょっくりお顔を見てえと思ってお暇乞りました、明日立つだッて、なんだかあっけなえこったって、の嫁なんざアえてばいいるだ、随分大事になえ
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)