“裾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すそ97.9%
ユーブカ0.5%
スカート0.3%
うずくま0.2%
うづくま0.2%
0.2%
ずそ0.2%
ひざまず0.2%
もすそ0.2%
もの0.2%
キヨ0.2%
バスク0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すこし疲れて、体がほっと熱ばんで来ていながらの処がうすら冷たくずっと下の靴できっちり包んでいる足の先は緊密に温い。
兄妹 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
掘られた土は冷やりナースチャの裸足の甲にかかり、あたりには暑い草いきれと微かな土の匂いとがした。ナースチャの桃色木綿のに風が吹いた。
赤い貨車 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
さぞさま/″\の美しいを曳いたであらうと思はれる二階建の瀟洒な別荘風の建物や、白い赤いペンキ塗りの色の褪せて尖つた教会堂のやうな家屋や
アンナ、パブロオナ (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
騎士一同 (を伏せて、り、同音に呼ぶ)若様。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
なるものは滿つてはりつゝ、燈火ける餘裕もなくをぶつ/\とつてる。うしてしさに雜木いた手段發見されないのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
料理鹽梅かにたるりけるは、()が常住居所なる、屋根なきなき屋敷田畝眞中に、にてたる(にす)をゑ、河水るゝこと八分目
蛇くひ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
長くいた引きの、二枚重ねのさきは、柔らかい緑色の上履さきにすっとなびいている、紫の被衣のともいろのは、小高い胸の上に結ばれて、ゆるやかに長く結びさげられている。
江木欣々女史 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
「さア、もう一度世の中へ出て参りましょう。その黒髪をして、振袖を着て、貴女の美しさを存分に見せて、貴方の前にく世間を見返してやろうではありませんか」
百唇の譜 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
砂丘つづきの草を踏んでと、学生が見ていると、どまっていた二女が、ホホホと笑うと思うと、船の胴をから真二つに切って、市松の帯も消えず、浪模様のをそのままに彼方へ抜けた。
露萩 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
けッ、ふざけやがってよ! 羅真人か糞羅漢か知らねえが、オツに取り澄ましゃアがって、教え子も聞いて呆れら。——久米の仙人だって赤いを見りゃ雲から落ッこちたっていうじゃねえか。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
過ぎたるは、猶及ばざるが如しで、中門廊の場の、随身をとらせての登場・退場など、此が、頼朝と、政子との間の子だらうか、と思はれる位でした。
芝居に出た名残星月夜 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)