“爪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つめ73.2%
つま23.9%
づめ0.7%
ツメ0.7%
そう0.4%
うり0.4%
0.4%
ツマ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「困つた事を言ふのネ、あ、さう/\……、蟹を食べた事があつて? あの赤アいのある、そうれ横に、ちよこ/\とふ……」
熊と猪 (新字旧仮名) / 沖野岩三郎(著)
学科も一番出来なかつた。かうして、人間の世界では、すぐれた者と劣つた者とが、ともにはじきにされることが度々あるものだ。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
これが非常有効であつたので、(勿論先輩中小萬鍬ゐてつたさうだが、それは三の、めてなる鍛冶屋に四大形のを別誂へするなど
或る古書は伝へて「其長九尺余、胴ヨリ頭小サク、赤ク眼丸クシテ鼻高ク、傍ヲ見ル時ハ肩ヲリ、口広クシテ耳ニ及ビ、歯ハ馬ノ歯ノク雪ヨリモ白シ、ハ熊ノ手足ニ似タリ、髪ハ色ニシテ……」云々と記してゐる。
ハビアン説法 (新字旧仮名) / 神西清(著)
その後、生え出でたる爪は一種奇怪なる形を有し、その両側にかたつむりの角のごとき二を見るに至った。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
と云う内にも、襤褸切や、の皮、ボオル箱の壊れたのはまだしもで、いやどうも、言おうようのないが目に浮ぶ。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
お艶は肩をめて、自分の袖をさぐって居ります。少し伏目に、八五郎を讃歎させた白い額を見せて、柔らかい公卿眉と、美しい鼻筋、ほのかな唇の紅が、幾人かに恋患いをさせた魅力でしょう。
スックトサキ立ッテイルソウデス、川ノ流レニシタガッテ、チョンチョン歩イテイルソウデス、丸マゲ崩レヌヒトリノ女ハ、ゴム人形ダイテ歩イテイタ、ツカンデ見レバ、ソレハ人ノ児
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)