“つめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ツメ
語句割合
47.6%
36.8%
10.1%
0.9%
0.9%
指甲0.7%
節儉0.5%
0.2%
二蛪0.2%
0.2%
弾爪0.2%
0.2%
0.2%
爪牙0.2%
琴爪0.2%
節倹0.2%
節約0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
砂馬は足のをよって、黒い玉にすると、そいつをつまんで、のさきでぽんと庭にいた。空いた右手では「朝日」をすいながら
いやな感じ (新字新仮名) / 高見順(著)
は、このたいが、かえって、しい自分にしみるように、いつまでもここにいて、かれていたい気持ちがしました。
花の咲く前 (新字新仮名) / 小川未明(著)
て来ますと、どこに一つ二郎君を疑う理由も見出せないのです。如何でしょう、これでも二郎君が殺人犯人でしょうか
火縄銃 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
サ、犠牲に捧げます。お打ち遊ばせ、おり遊ばせ、この頃ようようなくなりましたこのお身体生疵をまたいくらでもお付けなさい。どんなにでもお責めなさいな。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
回向するやうな持主の目は種牛から離れなかつた。種牛は最早足さへも切離された。牧場の草踏散らした双叉も、今は小屋から土間の方へ投出された。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
あれは犬じゃ烏じゃと万人の指甲かれものとなるは必定、犬や烏と身をなして仕事をしたとて何の功名
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
れば太郎はれて何時/\までも原田奧樣御兩親奏任がある自慢させ、さへ節儉ればたまはお小遣ひもあげられるに
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
道傍の煑賣屋の風呂のと、この二つの新らしい事件は、文吾の幼い頭を掻き亂して、何やら其處に物があるやうな氣がしてゐた。
石川五右衛門の生立 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
「文吾はん、杉の屋の風呂の拔いて來て呉れんかい。俺等が行くと目立つさかい、お前なら丁度よい、早う/\。」
石川五右衛門の生立 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
わが邦の今も小児のみか大人まで蟹の両眼八足を抜いて二蛪のみでかせたり蠅の背中に仙人掌を突っ込みとして競争させたり、警察官が婦女を拘留して入りもせぬ事を根問いしたり
もとたゞ「ア」をて短く發音さす爲にいつの世にか添加せられたもので、拉丁語の「アトミラーリス」と云ふ形容詞とは何等の關係があつた譯ではありませぬ。
金剛智三蔵と将軍米准那 (旧字旧仮名) / 榊亮三郎(著)
そして弾爪を嵌めた彼の指は、まるで蠅のやうに弦の上を走りまはつて、さながら弦がひとりでに鳴るかとも思はれる程であつた。
と心を締めて居るに、漸々眠くなって来たから、ッたり鼻をったりして忍耐しても次第に眠くなる、酒を飲んで居るからいけません。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「お忘れあそばすな」と言ふさへに力籠りて、その太股れば、貫一は不意の痛にらんとするを支へつつ横様に振払ふを、満枝は早くも身を開きて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
一心不乱に爪牙ぎ澄ましている二人であったのだ。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
『……あ。もしやこの琴爪は』
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
戻れば太郎の母と言はれて何時々々までも原田の奥様、御両親に奏任のがある身と自慢させ、さへ身を節倹れば時たまはお口に合ふ物お小遣ひも差あげられるに
十三夜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
それから船長一流の冒険だが六時間の航程節約るために、鳴戸の瀬戸の渦巻を七千の巨体で一気に突切って
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
て駿州木綿島村へ十月十五日に着たりける然るに太夫は平常痰持にて急にせりけるが三四日の内に思ひの外全快し先常體なれば夫婦は早速對面なせしに甚太夫は兩人が遠方の所を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)