花の咲く前はなのさくまえ
赤い牛乳屋の車が、ガラ、ガラと家の前を走っていきました。幸吉は、春の日の光を浴びた、その鮮やかな赤い色が、いま塗りたてたばかりのような気がしました。それから、もう一つ気のついたことは、この車がいってしまってからまもなく、カチ、カチという拍子 …
作品に特徴的な語句
彼方むこう ぐん うえ 中心ちゅうしん たたか 年老としお 先方せんぽう なな かな けっ きたな かか おだ そん 故郷こきょう てき 斑犬まだらいぬ 昔語むかしがた 昨夜さくや 黒犬くろいぬ はら きゅう わか 往来おうらい かれ 弾丸だんがん つよ ばこ 見返みかえ 平常いつも おぼ した ひだり 工場こうじょう 突然とつぜん たい いえ 科学かがく ほう よる そと ごえ あか うん かな 白犬しろいぬ からだ よご あたま おと ひか 今日きょう はは あざ 無情むじょう なか けむり 生活せいかつ 去年きょねん はい 物語ものがたり あいだ 冬枯ふゆが 理由りゆう つめ しょう にん とう 物置ものおき わら こた あつ ただよ 湯屋ゆや むね かた みみ かんが 老犬ろうけん 満足まんぞく 紫色むらさきいろ