“肩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かた95.7%
がた3.9%
これ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、すごい力をからだ中にこめたブル、いきなり、ジョージをの上までグッとさしあげると、そのまま下へ力いっぱい投げつけた。
小指一本の大試合 (新字新仮名) / 山中峯太郎(著)
ぜんたい欧洲種の猫は、肩の線が日本猫のやうにつてゐないので、の美人を見るやうな、すつきりとした、イキな感じがするのである。
猫と庄造と二人のをんな (新字旧仮名) / 谷崎潤一郎(著)
怖々庭を見る途端に、叢雲れて月があり/\と照り渡り、す月影で見ると、生垣を割って出ましたのは、頭髪は乱れて肩に掛り、頭蓋打裂けて面部からへ血だらけになり
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)