“鼓膜”の読み方と例文
読み方割合
こまく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしその瞬間に彼の鼓膜は「私はX子と云ふのよ。今度御独りでいらしつた時、呼んで頂戴」と云ふ宛転たる嬌声を捕へる事が出来た。
東京小品 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
鼓膜は別に何ともなっていませんとの診断を得てほっと致し、さらに勇気百倍、阿佐ヶ谷の省線踏切の傍なる屋台店にずいとはいり申候。
花吹雪 (新字新仮名) / 太宰治(著)
自分は母に叱られながら、ぽたぽたを垂らして、三人と共に宿に帰った。どどんどどんという波の音が、帰り道自分の鼓膜に響いた。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)