花吹雪はなふぶき
花吹雪という言葉と同時に、思い出すのは勿来の関である。花吹雪を浴びて駒を進める八幡太郎義家の姿は、日本武士道の象徴かも知れない。けれども、この度の私の物語の主人公は、桜の花吹雪を浴びて闘うところだけは少し義家に似ているが、頗る弱い人物である …
作品に特徴的な語句
おおい よろ おお かえ 如何いかが つばき 嘲笑ちょうしょう おそ 果合はたしあい 縄切なわきれ 襟飾えりかざり つか 長物ちょうぶつ これ 亀鑑きかん 仄聞そくぶん つかまつ もっ くだん 佐殿すけどの しか 依怙えこ かさ まま 儼然げんぜん すご 凜乎りんこ およ つるぎ 劇痛げきつう 勿来なこそ いや 卑猥ひわい 卿等けいら 口髭くちひげ 叫喚きょうかん 吝嗇りんしょく あき 呆然ぼうぜん うめ 咄嗟とっさ かな 喧嘩けんか 嘲弄ちょうろう うわさ つぐ ささや 図々ずうずう 堅人かたじん 奇蹟きせき 奔騰ほんとう 妙訣みょうけつ ねた 嫉妬しっと うれ なだ なお 尾籠びろう 市井しせい 常軌じょうき かす 廚房ちゅうぼう 弓箭きゅうせん こら うら 悪戯いたずら 惻隠そくいん 愚昧ぐまい 愚痴ぐち 慚愧ざんき 憫笑びんしょう 懺悔ざんげ ある 所謂いわゆる 打擲ちょうちゃく 抱懐ほうかい 括弧かっこ つま 数多あまた 文覚もんがく 智慧ちえ 暖簾のれん しばら いわ きた 松蕈まつたけ 此時このとき なぐ