“怺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こら99.5%
たま0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
へると足が折れると直覚したので、出来るだけ静かにぢり/\と後へ倒れた。足は素足であつた。石は膝の骨まで食ひこんでゐた。
戦争と一人の女 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
刻一刻にへ性がなくなつて、なん度となく戸外へ出ては木立の影が少しでも長くならないかと、そればかり眺め眺めしたものぢや。
……僕は苦しくつてらなくなると何時でも田舎に逃出すんです。今度も然うです、畢竟、僕自身にもまだロマンチツクが沢山残つてます。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
モウ心配で心配でらなくなつて、今もと吉野の室に行つて、その帰りの遅きを何の為かと話してゐた所。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)