“たま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:タマ
語句割合
20.6%
10.3%
8.9%
8.4%
7.8%
弾丸7.1%
4.8%
4.2%
3.8%
3.2%
3.2%
2.9%
2.8%
1.6%
1.2%
0.7%
彈丸0.5%
珠玉0.5%
0.5%
多摩0.4%
0.3%
0.3%
銃丸0.3%
0.2%
0.2%
偶時0.2%
0.2%
銃弾0.2%
電球0.2%
0.1%
攩網0.1%
0.1%
玉網0.1%
砲弾0.1%
宝玉0.1%
宝石0.1%
0.1%
砲丸0.1%
0.1%
墜児0.1%
0.1%
球根0.1%
0.1%
0.1%
宝珠0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
硝子0.1%
貯蓄0.1%
0.1%
魂消0.1%
神魂0.0%
0.0%
掬網0.0%
鉄砲0.0%
事件0.0%
吃驚0.0%
子供0.0%
実弾0.0%
小猫0.0%
屍骸0.0%
0.0%
手纏0.0%
0.0%
撞球0.0%
0.0%
死体0.0%
0.0%
0.0%
爆弾0.0%
珊瑚0.0%
珊瑚珠0.0%
0.0%
0.0%
璞玉0.0%
0.0%
瓊瑶0.0%
0.0%
0.0%
真珠0.0%
0.0%
碧玉0.0%
0.0%
0.0%
糸玉0.0%
0.0%
0.0%
美女0.0%
美婦0.0%
0.0%
芸人0.0%
見給0.0%
0.0%
身性0.0%
邂逅0.0%
銃玉0.0%
魂魄0.0%
黒球0.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あゝ……有難うよ……うもピリ/\痛んでらない……深く切つたと見えて血が止まらない……モシ少々お願ひがございますがな
だが、その版図の前線一円に渡っては数千万の田虫の列が紫色の塹壕を築いていた。塹壕の中にはを浮かべた分泌物っていた。
ナポレオンと田虫 (新字新仮名) / 横光利一(著)
算術の最も易い寄せ算をするにしても、散る氣でもつて運算して居たら、桁違をしたり、餘計なき込んだり仕さうな事である。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
しいてて、のやうなをおもしに、されたのがしてある山川沿うてくと、にまたがあつた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
その上は、済まないけれど、力ずくで取返すから、そう思いえ。君をふん縛って、それから捜すんだ。僕は本気で言ってるんだぜ。
どこからかピストルの弾丸が風をきって飛んできそうな気がしてならぬ。わが友はその中を恐れもせず、三度ユダヤ横丁を徘徊した。
地獄街道 (新字新仮名) / 海野十三(著)
それはね、エアさん、ロチェスターさんが、こゝにお出になるのはのことなのですけれども、いつも突然で、思ひがけないんです。
「像は子供ほどの大きさで、木像に色をつけたものだが、男體、女體それ/″\の額に夜光のがはめ込んである、これが大變だ」
「アッハハハ、思った通りだ。アッハハハ、お手の筋だ。の皮のよじれる話、飛んだ浮世は猿芝居だ。アッハハハ、こりゃらぬ」
村井長庵記名の傘 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「Sさんには、この節はにしか逢わない」と三吉は嘆息しながら、「何となく友達の遠く成ったのは、悲しいようなものだネ」
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
今若し自身も、千部に満たずにしまふやうなことがあつたら、は何になるやら。やつぱり鳥にでも生れて、なく鳴き続けることであらう。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
もっとも些少東西なれども、こたびの路用をくるのみ。わが餞別ならず、里見殿ものなるに、わで納め給えと言う。
海のほとり (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
は飛びますが、関金の噛み合わせが、どうやっても、原品のようにつくれませぬ。もう一息、工夫いたせばと思っておりますが」
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
三たび撫でまわすと全身がすっきりしてきて、その心地よさが骨髄に沁みるようであった、すると女はそのを取ってに入れて言った。
嬌娜 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
真柱』、『玉だすき』、それから講本の『古道大意』なぞは読んでも読んでも飽きるということを知らなかった。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
れども水神ありて華陰の夜に現われ、を使者に托して、今年祖龍死せんとえば、して始皇やがて沙丘に崩ぜり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
君の我身を愛し給ふをば、彼の不幸なる日の夕に、彈丸のベルナルドオを傷けし時、君が打明け給ひしに先だちて、私はり居り候ひぬ。
願う事のわばこの黄金、この珠玉の飾りを脱いで窓より下に投げ付けて見ばやといえるである。
薤露行 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
女たちは、唯功徳の為に糸を績いでいる。其でも、其が幾かせ、幾たまと言う風にって来ると、言い知れぬ愛著を覚えて居た。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
同じ持って行くのならたくさん持って行って売った方が好いなんて、いつの間にやら商売気を出してくれたのが、私達の仕合せで、多摩の山奥から来た参詣人などは
怪異暗闇祭 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
即ち運動及び多は(吾々の言葉で云えば)ただ弁証法的にしか把握出来ないことを々裏から告げているのである。
辞典 (新字新仮名) / 戸坂潤(著)
、まつろはぬいざことむけむ。
新頌 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
轟然たる銃声が聞えたと思うよりも早く、ピューッと銃丸が二人の耳許めて、廊下の奥の硝子窓をガチャーンと破壊した。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「だから貯金をなさいよ。貴方は喰道楽だから、お金がらないのよ。毎月五円宛貯金をなさいよ。そしたら、今年の秋迄には、大島が出来るわ。」
大島が出来る話 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
青木の春だな花托の白地にころがした赤と青とのぽつとりした
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
何故?………だツて其樣なに非人情に出來てゐる人間ぢやないぞ。偶時にはの機嫌を取ツて置く必要もある位のことは知ツてゐる。」
青い顔 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
女の袖つけから膝へって、落葉がんだような茶殻をって、仰向けた盆の上へ、俊吉がその手のを切った時。
第二菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
やいた。銃弾に当った時計の針が一時半で止まっていたらしい。刑事がそうして死体を調べている間に、警部はボーイを招いて訊問を初めていた。
火縄銃 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
少年は、高いところにいている電灯の電球を、ねじって消すために、長い竿竹尖端を、五つほどに割って、繃帯で止めてある長道具を担ぐと、急いで駈け出していった。
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
叔父は笑いながら、さんまるで火事場のようだろう、しかしにはこんな騒ぎをして飯を食うのも面白いものだよと云って、間接の言訳をした。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
珠数子釣りは鉤は無くて、餌をねて輪を作る、それを鰻が呑み込んだのを攩網で掬って捕るという仕方なのだ。
夜の隅田川 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
天井の上にも、縁の下にも、さらに悪気がって人をつなんという趣は少しもないのです。
大菩薩峠:33 不破の関の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
船頭已に玉網を手にして起ち、『いではいけません、十分で弱りきるまで痿やして。』と言いつつ例の如く、直ちに水押の上に俯して、半身殆ど船外に出し、左手を伸べて
大利根の大物釣 (新字新仮名) / 石井研堂(著)
あれまでは、トリエステの湾はおろか、アドリヤチックの海の何処にだっても、砲弾の殻一つ落ちなかったのではございませんか。その安逸が——いいえ蟄居とでも申しましょうか。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
それが微光に色付けられ、鈍い真珠の宝玉を綴った。滝壺は湯のように煮え立っていた。四辺が明るんで見えるのは、滝が微光に反射するからであろう。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
パッとしたお召の単衣黒繻子の丸帯、左右の指に宝石入りの金環高かるべきをさしたり。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
ただ一つ土のなかから、丸いと、これについている沢山の麻糸とをみつけだした。
大空魔艦 (新字新仮名) / 海野十三(著)
その時我々はもう近くにいた。ここいらへも砲丸が飛んで来たんでしょうなと聞くと、ここでやられたものは、多く味方の砲丸自身のためです。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
五十尋たらの海が怖うてどないする? ベンゲットでわいが毎日どんな危い目エに会うてたか、いっぺん良う考えてみイ。お父つぁん生きてたら、蝙蝠傘でどはり飛ばされるとこやぞ
わが町 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
その金扇には珊瑚の墜児が付いていた。
雷峯塔物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
が、にんじんは、本能的に、もう一歩前へ踏み出し、銃を肩につけ、筒先を押しつけるようにして、ぶっ放した。灰色のは、地べたへめり込んだ。
にんじん (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
毎日毎日、母はそうして繋いだ三つか四つの麻糸のを風呂敷に包んで、わずかな工賃を貰いに弟を背負っては出かけるのだった。
(新字新仮名) / 金子ふみ子(著)
峯「大きに御苦労だ、何しろ惜しい事をした、肝腎のア此の谷へ落しちまった」
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
奈良や京都はいざ知らず上野浅草芝山内、江戸にて此塔に勝るものなし、殊更塵土に埋もれて光も放たず終るべかりし男を拾ひあげられて、心の宝珠の輝きを世に発出されし師の美徳
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
柵と桜樹の間には一条の浅い溝があつて、ばばつて掌上ともなるべき程澄みに澄んだ秋の水が、白い柵と紅い桜の葉の影とを浮べて流れて居る。
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
に咲き纏ふ
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
汝がこゑの くれなゐのつぼみの
蛇の花嫁 (新字旧仮名) / 大手拓次(著)
言い忘れていたが、博士は、これも、ひとりの英吉利旦那からの拝領物であるところの、硝子の欠けた鼻眼鏡をかけているのである。
ヤトラカン・サミ博士の椅子 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
「ちっとは貯蓄ったか。」
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「駄目だよ。あの腐った性根は死ぬまで直りっこないよ。に神妙にしていると思えば、きっと何か企んでいるんだからね。僕はあれが谷にでも落ちて死んでえばいゝと思っているよ」
黄鳥の嘆き (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
……さすがのわしもアッと魂消げて、生きた気もなく座敷の中で立ちすくんだまま
顎十郎捕物帳:15 日高川 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
また神魂は骸と分かりては、なお清くかるれありとみえて、火の汚穢をいみじくみ、その祭祠をなすにも、のありては、そのを受けざるなり
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
人死にて神魂亡骸と二つにたる上にては、汚穢ものの限りとなり、さては夜見の国の物になれば、その骸に触れたる火にのできるなり。
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
……僕は苦しくつてらなくなると何時でも田舎に逃出すんです。今度も然うです、畢竟、僕自身にもまだロマンチツクが沢山残つてます。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
モウ心配で心配でらなくなつて、今もと吉野の室に行つて、その帰りの遅きを何の為かと話してゐた所。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
しかし魚はえるどころではなかったので、千代子はすぐそれを船頭に返した。船頭は同じ掬網で叔父の命ずるままに何疋でも水から上へり出した。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
高木は大きな掬網を千代子に握らした。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
なに、平蜘蛛と、自分の首とに、鉄砲ぐすりを仕掛けて、粉々に砕けと遺言して腹を切ったとか。……あははは、おもしろい悪党。強情なおやじではある。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そしてその通り、落城の日は、自分の首も、平蜘蛛の釜も、鉄砲ぐすりを仕掛けて、粉々にくだいてしまうように家臣へいいつけ——その上で腹を切った。よほど忌々しかったのであろう。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「それが自分で競り上ったってえからにゃあ、屍骸は美野でねえはずだ。不審な事件ほど、手がけてみりゃあお茶の子さいさいよ。なあ彦。」
いいらぶつ吃驚げた真似仕出かし申してのおさま。
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
そしてそれまでは、大事なだから、先方もチャアリイに害を加えるようなことはあるまい。せっかくの子供を殺してしまったりしては、もとも子もないからである。
チャアリイは何処にいる (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
(内へけものが出た、来てくれせえ。)と顔色、手ぶりでいで言うので。……こんな時鉄砲は強うございますよ、ガチリ、実弾をこめました。
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
黒地に畫ける像の如し。座のめぐりには、新き炭を添へて、その煖氣は室に滿ちたり。われは客の、は脇を擦過りたり、の血を失ひつれど、一月の間には治すべしといふを聞き得たり。
なお宣長の「あら玉来経る」説、即ち年月の経過するという意。久老の「来経る」説。雅澄の「手纏く」説等がある。宇智と同音だからそう用いた。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
ては、御親類樣方御一統の思召をはり、御異存がなければ明日にも公儀に屆出の上、改めて世間へも披露いたしたいと存じます。
牌の触れ合ふ、それは撞球の音にも似てゐるが、(滝には名状し難い!)もつと微々たる、囁きのやうな音が、苛々しくもあり、羽毛の先で擽られるやうでもあり、薄ら甘く頭にひゞいた。
昔の歌留多 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
の御機嫌は既に全然変っている。して見るとには川に落ちるのも、大阪の伯父さんの言葉を借りていえば、川にるのも、満更損じゃないと思う。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「常さんがお長屋に居残って死体の番、あっしゃあひとまず飛んで帰ったわけだが、親分、すぐにも出向いておくんなせえ。」
由って推し考うるに、獣類が蓄えた果物もしくは食べ残しがってく醗酵するはあり得る事だ。
と大喝しながら投げ出したと思ったが、その時遅くの時早く、シューシューと火をく黒い爆弾がおやじの手から三尺ばかりも離れたと見るうちに、眼もむような黄色い閃光がサッと流れた。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
牡丹形の蒔絵の櫛に金足の珊瑚、貞之進は我伏糸が見られるようで、羽織の襟をそっとひっぱって居たもおかしかった。
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
差櫛珊瑚珠のついた鼈甲の簪を懐紙につつんで帯の間へ大事そうにしまいこみ、さきを帯止めにはさんで、おをはしょった。
をとめは餓ゑてすべもなく、 胸なるをゆさぶりぬ。
文語詩稿 一百篇 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
「艶じゃア無い、真個にサ。如才が無くッてお世辞がよくッて男振も好けれども、唯物喰いのいのが可惜だッて、オホホホホ」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
しかるにたびたび言うとおり僕は他山瓦礫え来たって、自国の璞玉に比してみずからとするのなることを信ずるから、常に他山の石をりて自分の玉をくの用に供したいと思う。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
ここに水をば飮まさずして、御頸のを解かして、口にみてその玉盌にれたまひき。ここにその璵、に著きて一〇、婢璵をえ離たず、かれ著きながらにして豐玉毘賣の命に進りき。
その遊廊には錦繍を着て瓊瑶の帯をした絵で見る仙女のような若い女が往来していて、それが二人と擦れ違うことがあった。その若い女達は青年をじろじろと見て往った。
賈后と小吏 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
悲しみの為か心なしやつれの見える夫人の容貌は、暗緑の勝ったアフタヌーン・ドレスの落着いた色地によくうつりあって、それが又二人の訪問者にはらなく痛々しげに思われた。
花束の虫 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
坊主したんです。……ぢや、老爺さん——老人貴下なら、貴下坊主された、とふ、は、へばはあるが、れるとぐにえて、一尾らぬ。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
誕生日祝ひて真珠のかんざしの小さきをひとつ養母に贈りぬ
遺愛集:02 遺愛集 (新字新仮名) / 島秋人(著)
金箔を押した磔刑柱を馬の前に立てて上洛したのは此時の事で、それがしの花押鶺鴒の眼のは一月に三たび処をえまする、此の書面の花押はそれがしの致したるには無之
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
柳の間をもれる日の光が金色の線を水のに射て、澄み渡った水底小砂利が銀のように碧玉のように沈んでいる。
河霧 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
なお宣長の「あら玉来経る」説、即ち年月の経過するという意。久老の「来経る」説。雅澄の「手纏く」説等がある。宇智と同音だからそう用いた。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
と呼んで来たのを幸、すっかり掻浚って、った紙屑の中へ突込んで売りました。屑屋は大な財布を出して、銭の音をさせながら
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「解けねえか。よし、糸玉の上から切ってしまえ。」
そして私は手早くいろいろな品物や書類のっている中から、手ざわりの角の荒い写真をつまみ出し、それを懐中にしまい曳出しをしめた。
童子 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
暫く翻訳というものから遠ざかっていたので、フローベールやモーパッサンを訳しつつ、には翻訳も修業になってよいものだと思った。
銷夏漫筆 (新字新仮名) / 辰野隆(著)
「うん……こんな美女を龍平の野郎め、よろしく、ひとりで永々と楽しんでいやがったんだから、ああなったのも、男冥利に尽きたんだろう」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「オオオオこいつア見遁せねえなあ! どうでえどうでえこの美婦は!」
善悪両面鼠小僧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
梅、、桜、銀杏なぞの霜葉は、その一日でく落ちた。そして、そこここにった落葉が風に吹かれては舞い揚った。急に山々の景色はしく、明るく成った。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
女太夫の白秀英と、こんどの知事とは、もうだいぶお古いレコなんですぜ。何しろい女でさあネ。こんな田舎へ小屋掛けに来る芸人じゃあねえ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
故に将士は営に至れば、ち休息するを得、あれば王射猟して地勢を周覧し、れば将士にち、塁を抜くごとにるところの財物をう。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
此消息人目りもなく、玉簾やすやすえて、るは邂逅なる令孃便りを日毎るばかり、事故ありげなるも、此處にはじめて朧々わかれば
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
銃玉が二月の樺の木の幹へ穴をあけた陰気な光景などを、彼の逸話として得た。
(新字新仮名) / 宮本百合子(著)
黄金丸はやや暁得りて、「さてはわが亡親魂魄、仮に此処に現はれて、わが危急を救ひ給ふか。阿那感謝し」
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
黒球の中までも赤くにじんで、ただれてゐるやうに見えた。夜になつて床に就くと、私は眠るのが恐しくなつた。眠つてゐるまにもう見えなくなつてしまつてゐるかも知れないからである。
外に出た友 (新字旧仮名) / 北条民雄(著)