地獄街道じごくかいどう
銀座の舗道から、足を踏みはずしてタッタ百メートルばかり行くと、そこに吃驚するほどの見窄らしい門があった。 「おお、此処だ——」 と辻永がステッキを揚げて、後から跟いてくる私に注意を与えた。 「ム——」 まるで地酒を作る田舎家についている形ば …
作品に特徴的な語句
ひろ とま おさま いきお 酒瓶さかびん きず 先刻せんこく シャフト 眼前がんぜん かご しゃ ひろ しか 顔面がんめん あお 標題ひょうだい とも よう 住人じゅうにん かたわら 独断どくだん まが 暗闘あんとう 分明ぶんめい 切迫せっぱく つな 嘆息たんそく たず 捕虜ほりょ 手腕しゅわん 箱詰はこづ 懐中かいちゅう あや うなず 山野やまの たび 藻掻もが 法網ほうもう 泥跡どろあと 滅入めい 滅多めった よど 炯眼けいがん 無論むろん 煙筒えんとつ けもの 玄人くろうと 珍酒ちんしゅ うつつ うたが さかずき 目印めじるし 真黒まっくろ なが 矢張やは 矢鱈やたら 知己ちき 窓外そうがい 筋道すじみち 箱詰はこづめ 綿わた つな ひるがえ つばさ 耳許みみもと さかな 腕金うでがね 舗道ほどう つか おど 身許みもと 軒灯けんとう ころ 辻永つじなが 迷宮めいきゅう 退屈たいくつ つい はる さえぎ 酒作さけづく しず 黄疸おうだん 頭脳あたま おどろ 項目こうもく