“頭脳”のいろいろな読み方と例文
旧字:頭腦
読み方割合
あたま90.5%
ずのう5.8%
づなう1.6%
ヘッド1.1%
づのう1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
可也皮肉な出来事であつたからで、気の小さい、がり屋の彼は、うかしてくそれを切りぬけようと、頭脳を悩ましてゐた。
花が咲く (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
と、蔦之助はまた悶々とだまって、いまはただ、この民部の頭脳に、神のような明智がひらめけかし、とジッとるよりほかはなかった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
はこの皮肉なる現実主義に多少の同情を有するものなり。唯唯作者の論理的頭脳は残念にも余り雋鋭ならず。
案頭の書 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
丁寧に言えば、象徴が知的の「頭脳」によってされないで、主観の感情によって温熱されたる、心情の意味としてされねばならない。
詩の原理 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
彼の頭脳のへんに冴えてゐるには一驚を喫する。その立体的で簡勁な筆致は言はずもがな。彼の犯罪的の作品は以上のものにとどまらない。
探偵小説小論 (新字旧仮名) / 佐藤春夫(著)