“脳味噌”のいろいろな読み方と例文
旧字:腦味噌
読み方割合
のうみそ92.9%
あたま7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
帰って来て匇々吉田は自分の母親から人間の脳味噌の黒焼きを飲んでみないかと言われて非常に嫌な気持になったことがあった。
のんきな患者 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
代助から見ると、此青年のは、脳味噌で一杯詰つてゐるとしか考へられないのである。をすると、平民のる大通りを半町位しかいてない。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
脳味噌汚点が出来たのかな)
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)