“味噌汁”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みそしる74.3%
おみおつけ10.8%
おつけ6.8%
みそじる4.1%
みおつけ2.7%
おつゆ1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「今朝の味噌汁が惡うございました。飯にも香の物にも仔細はなかつた樣子で、味噌汁を食はないものは何ともございませんが——」
んだいてある爐邊で、數衛のこしらへてれた味噌汁はお茄子もむかずにれてありました。たゞそれが輪切りにしてありました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
重助「それじゃア此方へおいでなさい、にも有りませんが茶飯が出来ましたから、味噌汁でもめて御飯を上げたいから。心ざす仏さまへ御回向なすって下さいな」
出しよつたのさ。切つて味噌汁に入れて、喰べてしまはうかと思つたが、折角わしのへやつて来たのに、そんなことをするのも可哀さうぢやと思うて……。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
早く笊を出してやんな、なんまいだぶなんまいだぶなんまいだぶ、何、因業な割には安い鰌屋だって、ウ、そいつァよかった、じゃすぐお味噌汁の中へ入れちまいねえ
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
先生はその手首をグイとひいたので、味噌汁を肩から浴びてしまったが、カッとした勢いで引出したので、汚い老人はブルブルえながら出てきた。