“味噌”の読み方と例文
読み方割合
みそ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
火事でが飛んで来たり、御茶味噌の女学校へ行ったり、恵比寿台所と並べたり、或る時などは「わたしゃ藁店の子じゃないわ」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ラムネの玉くらいの小さい頭も全部ばりばりみくだいてたべるのである。頭の中の味噌はまた素敵においしいという事になっていた。
チャンス (新字新仮名) / 太宰治(著)
二合ばかりの酒、冷たくなった焼き味噌、そんなものが勝手口の戸棚に残ったのを半蔵はし出して、それを店座敷に持ち帰った。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)