“台所”のいろいろな読み方と例文
旧字:臺所
読み方割合
だいどころ72.3%
だいどこ20.0%
ケチン1.5%
ここ1.5%
だいところ1.5%
でえどこ1.5%
クーヘ1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もうっかりしのや、台所をあさりに出ると、やみに目がっていて、どんな目にあうかからなくなりました。
猫の草紙 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
火事でが飛んで来たり、御茶味噌の女学校へ行ったり、恵比寿台所と並べたり、或る時などは「わたしゃ藁店の子じゃないわ」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
賢夫人と長女が、組になって台所を見物に行ったとき、間もなく、二人がなにをいいにくるか、そのとき、もう予知していたのである。
我が家の楽園 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
開けて、台所まで届けて呉れますわ。郵便もね。でも、広告などは、その小門を一寸開けて、そこから投げ込んで行きますが
石塀幽霊 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
「はてな。」とって、馬吉がこわごわはいして、二からそっとのぞいてみますと、からさしで、さっきの山姥が、台所のおって、をいっているのがえました。
山姥の話 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
ウイ、だからが出入っちゃ、どんな事で暴露ようも知れねえというだ。こっちあ台所までだから、ちっとも気がつかなかったが、先方じゃ奥から見懸けたもんだね。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
女のひとは、三つのK(子供台所教会)だし……。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)