我が家の楽園わがやのらくえん
春雨の降る四月の暗い日曜日の朝、渋谷の奥にあるバラックの玄関の土間に、接収解除通知のハガキが、音もなく投げこまれた。 自分の家には、毛色のちがう名も知らぬひとがはいりこみ、当の持主の家族は、しがない間借りか借家で、不自由しながらゴタゴタして …
作品に特徴的な語句
まどわ たか 料理クッキー いら 上端うわば ててら 漆喰スタッコ きざみ かた はに たか したた ろく かん すり 昼夜ひるよる だね さま めえ つけ 日除オーニング 上荷うわに おち みね しな 手操てぐ 飛魚とび 煮込スタック 台所ケチン うしろ 横梁よこばり 壁間かべま やっこ 小粋シック 嫌気いやき こす 放火ひつけ たら つか うたい 柿葺こけらぶ 踊場ダンシング 桃尻ももじり しき たち 臍繰へそく しつ 楽園パラダイス すか 庭面にわづら 横浜はま かよ ゆか 干鱈ほしだら けつ 縁無ふちなし かみ 清々せいせい とも 間引まび 夕祷アンジェラス 玉網たも 先行さきいき かた から 雑倉ぞうぐら 家裏いえうら つら 窓框まどがまち 前後あとさき さき せつ たしな 滅入めい 眷属けんぞく にら 睫毛まつげ まつ むぐら 祝詞のりと 神々こうごう いちご けが にが そら 空脛からすね いじ きも